ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが・多汗症用語解説−ま行(2)

ミョウバン(みょうばん)

ミョウバンというのは硫酸アルミニウムと硫酸カリウム、アンモニウムなどの硫酸塩などの複合体で、わきが臭など体臭予防に効果のある物質です。
ミョウバンには3つの体臭予防効果があります。

 

殺菌作用

わきが臭というのは雑菌が繁殖し皮脂などを分解してできる低級脂肪酸やアンモニアなどの臭いです。
ミョウバンは水に溶けると酸性になり雑菌の繁殖を抑える殺菌作用があるためワキガ臭対策になります。

制汗作用

ミョウバンを使用すると発汗が抑えられます。
アルミニウム塩が汗腺の導管周辺で炎症をおこして導管を詰まらせるために、発汗が抑えられるなどの理由により制汗作用がありあます。

消臭作用

ミョウバンにはさまざまな金属が含まれ酸化還元反応による金属消臭作用がみられ、酸性であるミョウバンは特にアルカリ性のアンモニアに対する消臭作用が優れています。
ミョウバンは漬物の発色剤にも使われている食品添加物でもあり、ミョウバン水としてワキガ対策に使うほか、デオドラント商品としてミョウバン石鹸や、ボディスプレー、ボディソープ、ボディローション、クリームなど幅広く商品展開されています。

 

マキシフレッシュプラス(まきしふれっしゅぷらす)

マキシフレッシュプラスというのは株式会社ゴールドウインが開発したアンダーウエア用の新素材生地のことです。
マキシフレッシュプラスには消臭機能があって汗に含まれるワキガ臭の元であるアンモニア臭の99%と、加齢臭の元であるノネナール臭の89%を削減するとのことで、ワキガ・多汗症で悩みを持つ方には最適のアンダーウエアと言えそうです。
アンダーシャツやブリーフなどの下着に消臭効果があれば、香水デオドラント製品が不要になる人も多いと思います。

 

森田療法(もりたりょうほう)

森田療法は心理療法のひとつで、「あるがまま」という考え方を理念とし、不安をあるがままに受け入れながら社会不安障害やあがり症などの人たちに対して「これは本当は何でもないことなんだ」と徐々に順応させていこうとする治療法です。

 

多感症の原因として精神的発汗がありますが、これは「今ここで汗をかいたら、皆に笑われる・白い目で見られる」と思い込んでしまうがために、余計に緊張して汗が出てくる症状ですから、その「とらわれ」の意識を先ずは受け入れさせ、人間の本来持っている「より良く生きたい」という意識を利用して、それまでの苦手意識を克服しようとするのが森田療法です。

わきが・多汗症用語解説−ま行(2)関連エントリー

わきが・多汗症用語解説−あ行(1)
わきが・多汗症用語解説−あ行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(1)
わきが・多汗症用語解説−か行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(3)
わきが・多汗症用語解説−か行(4)
わきが・多汗症用語解説−か行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(1)
わきが・多汗症用語解説−さ行(2)
わきが・多汗症用語解説−さ行(3)
わきが・多汗症用語解説−さ行(4)
わきが・多汗症用語解説−さ行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(6)
わきが・多汗症用語解説−た行(1)
わきが・多汗症用語解説−た行(2)
わきが・多汗症用語解説−た行(3)
わきが・多汗症用語解説−た行(4)
わきが・多汗症用語解説−た行(5)
わきが・多汗症用語解説−な行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(2)
わきが・多汗症用語解説−は行(3)
わきが・多汗症用語解説−は行(4)
わきが・多汗症用語解説−ま行(1)
わきが・多汗症用語解説−ま行(2)
わきが・多汗症用語解説−や行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(2)
わきが・多汗症用語解説−わ行(1)
わきが・多汗症用語解説−わ行(2)