ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが・多汗症用語解説−さ行(6)

せん除法(剪除法)(せんじょほう)

せん除法(剪除法)とは、わきがに適した手術法で、ワキの皮膚を3〜4センチひっくり返し、わきが臭の原因となるアポクリン汗腺を、一つ一つ切り取っていく方法です。
せん除法は皮下組織掻爬法などと違い、目でアポクリン汗腺を確認しながら取り除いていくので、確実にワキガを低減できますが、わきの傷が残ったり手術後のケアが大変だったりするところがデメリットとなります。

 

星状神経節ブロック療法(せいじょうしんけいせつぶろっくりょうほう)

星状神経節ブロック療法とは、神経線維の末梢神経や交感神経節に対して局所麻酔薬をうち、神経そのものの働きを一時的に麻痺させてしまうことで、多汗症や神経痛、顔面神経麻痺、突発性難聴などの治療をすることができます。
星状神経節は首の付け根付近にあって、頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっています。
多汗症は精神的発汗によることが多いので、星状神経節をブロックすることによって自律神経のバランスを整え、発汗を抑えることができます。

 

生理的多汗(せいりてきたかん)

生理的多汗とはスポーツをして身体を動かしたので汗が出た、猛暑で気温が上昇したために汗をかくといったものを生理的多汗といい、多汗症という病気ではありません。
これに対して風邪を引いたときの発熱による発汗や、更年期障害の症状としての多汗を病的多汗と言います。

 

セルライト(せるらいと)

セルライトとは、肥大化した脂肪細胞と老廃物の塊のことで、通常は女性にしか付かず肌がでこぼこしたオレンジの皮のようになります。
セルライトとはお尻や太ももなどに出やすく、一度できてしまうとどんどん痩せにくい体になり、むくみや冷え性といった症状の原因になります。

 

絶食療法(ぜっしょくりょうほう)

絶食療法はその名のとおり食を絶つことで(全く何も食べないわけではありません)、消化器やその他の内蔵に休養と安静を与え、自然治癒力を高めようとする治療法です。
絶食療法にはデトックス効果があり、余分な栄養分を消費して、体内の老廃物も排出してくれます。
また、自律神経のバランスも調節し、自律神経失調症など心身症にも効果があります。

わきが・多汗症用語解説−さ行(6)関連エントリー

わきが・多汗症用語解説−あ行(1)
わきが・多汗症用語解説−あ行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(1)
わきが・多汗症用語解説−か行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(3)
わきが・多汗症用語解説−か行(4)
わきが・多汗症用語解説−か行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(1)
わきが・多汗症用語解説−さ行(2)
わきが・多汗症用語解説−さ行(3)
わきが・多汗症用語解説−さ行(4)
わきが・多汗症用語解説−さ行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(6)
わきが・多汗症用語解説−た行(1)
わきが・多汗症用語解説−た行(2)
わきが・多汗症用語解説−た行(3)
わきが・多汗症用語解説−た行(4)
わきが・多汗症用語解説−た行(5)
わきが・多汗症用語解説−な行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(2)
わきが・多汗症用語解説−は行(3)
わきが・多汗症用語解説−は行(4)
わきが・多汗症用語解説−ま行(1)
わきが・多汗症用語解説−ま行(2)
わきが・多汗症用語解説−や行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(2)
わきが・多汗症用語解説−わ行(1)
わきが・多汗症用語解説−わ行(2)