ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが・多汗症用語解説−か行(1)

カニューレ(かにゅーれ)

カニューレとはドイツ語で「管」を意味し、一般的には薬液の注入や体液の排出、気管切開の際の空気の通路とするなど、体内に挿入するパイプ状の医療器具のことです。
ワキガ手術では脂肪吸引法のように、アポクリン汗腺などの汗腺類を吸引するためにカニューレを使用します。

 

カウンセリング(かうんせりんぐ)

カウンセリングというのは、依頼者(クライエント)が抱えている問題や悩みなどに対して、それを専門的な知識や経験、技術を持っている相談員(カウンセラー)が行う相談援助のことで、一般的には美容関連、就業関連、法律関連、クレジット関連、婚姻関連など幅広い分野が含まれます。
ワキガ・多汗症の手術や治療では、期待した満足な結果でなかったり、副作用が出る、費用が高額になるなど、後々にトラブルの元になりそうなことが多いので、医師と十分なカウンセリングを受けながら治療する必要があります。

 

汗腺(かんせん)

私達人間の体にはエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺という3つの分泌腺があります。
多汗症に関係がある汗腺はエクリン腺で、全身にこの汗腺があります。
アポクリン腺から出る汗がワキガ臭を発生させる元となりますが、アポクリン腺はわきの下や耳の外耳道、陰部付近など限られた部位にしかありません。
皮脂腺も全身にあり、皮脂を分泌しながら皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の役目を持っています。
汗の分泌はありませんが、皮脂分泌が多くなるとアポクリン汗と混ざってワキガ臭が強くなります。

 

漢方薬(かんぽうやく)

漢方薬というのは東洋医学の考え方が元になって、漢方的な診察(腹診、脈診、舌診など)で体力の強弱や体質などを判断し、人間本来の自然治癒能力を高めることができる数種類の生薬を組み合わせた薬のこと。
漢方薬の歴史は2000年とも言われ、その確立された知識や技術は、計り知れない治療効果を発揮しています。

わきが・多汗症用語解説−か行(1)関連エントリー

わきが・多汗症用語解説−あ行(1)
わきが・多汗症用語解説−あ行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(1)
わきが・多汗症用語解説−か行(2)
わきが・多汗症用語解説−か行(3)
わきが・多汗症用語解説−か行(4)
わきが・多汗症用語解説−か行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(1)
わきが・多汗症用語解説−さ行(2)
わきが・多汗症用語解説−さ行(3)
わきが・多汗症用語解説−さ行(4)
わきが・多汗症用語解説−さ行(5)
わきが・多汗症用語解説−さ行(6)
わきが・多汗症用語解説−た行(1)
わきが・多汗症用語解説−た行(2)
わきが・多汗症用語解説−た行(3)
わきが・多汗症用語解説−た行(4)
わきが・多汗症用語解説−た行(5)
わきが・多汗症用語解説−な行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(1)
わきが・多汗症用語解説−は行(2)
わきが・多汗症用語解説−は行(3)
わきが・多汗症用語解説−は行(4)
わきが・多汗症用語解説−ま行(1)
わきが・多汗症用語解説−ま行(2)
わきが・多汗症用語解説−や行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(1)
わきが・多汗症用語解説−ら行(2)
わきが・多汗症用語解説−わ行(1)
わきが・多汗症用語解説−わ行(2)