ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

夏より冬の汗の方が臭いがキツい?

ワキガ多汗症も嫌なニオイがすることが悩みの種なわけですが、夏より冬の汗の方が臭いがキツくなる理由をご存知でしょうか?
理由はいろいろあるのですが、大きくは3つです。

 

1つは冬の衣服が原因になっています。
夏は薄着するので風通しがよく服に付着した汗もすぐに乾くので、体臭・わきが臭は服の外へ放出されます。
これに対して寒い季節は厚着をするために通気性が悪く、素材も断熱性がよい衣類が多いですから、わきが臭・体臭は発散されずにワキの下にこもります。

 

汗の量は少しであっても長時間皮膚に留まるため、ワキの下などの部位が蒸れ雑菌が繁殖し、臭いも農集されます。
そのために上着を脱いだ時は一気に放出され、臭いも強く感じます。

 

2つ目の理由は冬になると汗腺機能が弱まるためです。
汗は体温を下げる作用があり、暑い夏は体温が高くならないよう汗腺機能は活発になりますが、冬は汗の量が減り汗腺機能も弱まるため、夏に比べてアンモニアやたんぱく質、脂質といった悪臭を発するニオイ成分が濃くなり強いわきが臭・体臭を発生させてしまいます。

 

もう一つは基礎代謝の高まりがあります。
人間の体は冬になると体温が下がらないように体温を一定に保とうと、基礎代謝を高めエネルギーを消費しています。
基礎代謝が高いということは、少し体が動いただけでも汗が出やすい状態になっており、暖房の効いた場所で運動などすると多量の濃い汗をかき臭いが強くなります。

 

夏は気温が高いので基礎代謝を高くする必要はないので、代謝の面からいうと夏の方が汗が出にくいと言えます。
その他の理由としては、冬は夏に比べて水分の摂取量が少ないために汗の塩分濃度が濃くなり、臭いも濃くなるということが考えられます。

 

また余談になりますが、冬にはブーツといった密閉性の高い靴を履くために足の裏に汗をかいても蒸発できず、雑菌が繁殖して足臭が靴の中にこもり靴を脱いだ時は強い臭いを発する理由になっています。

 

それでは冬でもワキガ臭・体臭がキツくならないためにはどうすればよいのでしょうか?
冬に厚着をしないわけにはいかないですし、基礎代謝が高まるのは生理現象ですから止めることもできません。

 

日常的にスポーツなどで汗をかき汗腺機能をを弱めないよう心がけ、衣服は通気性のよい素材を着用することが必要でしょう。
加えてコート類でもクリーニング回数を増やしたり、暖房の良く効いた部屋に入るときはコートなどの上着を脱いでから入るといった習慣を付けたいものです。

夏より冬の汗の方が臭いがキツい?関連エントリー