ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ひとりで悩まないこと!

ワキガまたはワキガ体質であることを悩みに感じている方は少なくありません。
少なくないと言っても日本人の中では人口比率10%前後と言われているので全体から見れば少数派です。

 

ワキガの語源・歴史」でもお伝えしていますとおり、大昔からワキガに悩む人たちは少ないながらいました。
それ故に、大勢の中に入るとワキガ臭が目立ってしまいコンプレックスを感じ悩んでしまう訳です。

 

日本人はずっと野菜や魚を中心とした食生活を守り続けてきたのに、最近の食生活の欧米化ためにワキガ体質になりやすくなっているのですが、ワキガに対する意識まで欧米化しないために「ワキガ臭はあって当たり前」という状況にはたぶんならないと思います。

 

そして、このような状況で最も問題なのは自分のことを「臭っている」「臭い人間だ」と悩み、さらに「人から嫌われる」「仲間外れにされる」「わきがは悪だ」と考え、必要以上に苦しんでしまうという点です。

 

わきが臭が一時的な場合は、悩みも一時的で解消されてまだよいのですが、長くなるとストレスも溜まりますし、精神的に追い込まれては人生の大きな損失になってしまいます。

 

ワキガ臭や加齢臭、口臭などのニオイは、他人からはなかなか指摘してくれません。
臭覚は麻痺しやすく自分では臭いの程度が判らないのでために「臭いと思われていないか」という不安に悩まされるわけです。
いっそのことズバッと指摘される方が気が楽になるもしれませんが、自分から「私って臭わない?」と尋ねることもできませんよね。

 

でも、いつまでも一人で悩んでいても解決にはならず、ストレスが溜まるだけで、苦しくなるなるばかりです。
また、ワキガは簡単に自然消滅するものではなく、わきが治療もせずに一人で対処しようとしても大変です。
ですから、ひとりで考え込まずに誰かに相談してほしいと思います。

 

一番良い相談相手は、ワキガの専門家であり信頼できる医師が良いでしょう。
臭いの程度や症状を客観的に判断できて、それに対する対処法治療法を的確にアドバイスしてくれるはずです。
汗や体のニオイ、ワキガを何とかしたいと思いながら、なかなか先に進めなかったという理由には、金銭的な問題もあるかもしれません。

 

本格的なワキガ治療・手術には高額な費用となることもありますが、それ以上に「ニオイを気にしなくてすむ」悩みから解放されることは、自分の将来のために何ものにも代えられない事だと思います。
生き生きとした毎日を送れるよう、決して一人で悩まないようにしてください。

ひとりで悩まないこと!関連エントリー