ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

保険適応が可能なワキガ手術

ワキガが深刻な負担となっているのに治療に踏み切れないで、悩んでいる方は多いと思います。
ワキガ手術を受けようとすると、その手術方法の選択が難しいということもあげられますが、保険適用が受けられない場合、実に15万円〜40万円もの料金が必要となり、この高額治療費が足かせになっていると考えられます。

 

手術費用の確認@」でも手術費用について少し記載しましたが、ワキガ手術が保険適用される場合、両脇で5万円程の出費ですみますので、この条件についてもう少し詳しい情報をお伝えします。

 

ワキガ手術が保険適応される条件としては3点あります。

 

@受けようとする病院・クリニックが保険診療可能なこと
以前は美容クリニックなどのワキガ治療は、採算が合わないということ、高度な手術技術が必要なことなどの理由で、保険適応できる手術を取り扱っているところが少なかったのですが、最近の形成外科・クリニックは集患目的から取り扱うところが増えてきています。

 

A皮下組織せん除法(剪除法)など認められた手術方法であること
保険適応できるワキガ手術方法は定められていて、そのほとんどが剪除法で行われています。
ワキガ治療で必要なのは、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を、熟練した医師によって取り除いてもらうことです。
剪除法はワキガの再発率が低く、もっとも確実な治療法だと認められているため保険適用されますが、他の保険適応可能な手術方法については医療機関で確認してください。

 

Bワキガの程度が保険適応できると医師が判断すること
保険適応できる手術を受けられるかどうかは、臭いの強さと、本人がどれくらい悩んでいるかを診察し、医師が総合的に判断します。
臭いの強さを数値化して判断するのは難しいので、その医師ひとりだけでなく看護婦・スタッフが臭いを嗅いで評価するクリニックがあります。

 

例えばAクリニックでは「保険適応できない」と判断されたとしても、Bクリニックでは「保険適応できる」と判断されるケースもあります。
また悩みの程度も、思春期ころの患者さんと中高年の患者さんとでは、精神的なダメージ度合やいじめの有無など差があると思いますのでこれらの要件も考慮されます。

 

 

以上の3点がワキガ手術の保険適応基準になるともいますが、Bの条件が一番難しいかもしれません。
病院やクリニックのホームページに保険診療のことが書いていなくても治療可能なところもありますから、手術を受けてみたいと考えられている方はいくつかの病院・クリニックに問い合わせてみてください。

保険適応が可能なワキガ手術関連エントリー