ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

子供のワキガ臭対策

小学生くらいの子供のワキガ臭に悩む親が増えていると聞きます。
ひと昔前はホルモンの分泌が盛んになる思春期頃(中学校高学年から高校生ぐらい)からワキガ臭も強くなると言われていましたが、現在では体格・性成熟が早くなって学校低学年の子供でもワキガ症状がでて低年齢化が進んでいます。

 

これは、食生活が欧米化したことも原因のひとつだと思いますが、子供のワキガ症状が出たことで心配するのは、学校でイジメにあい登校拒否したり、トラウマとなって大人になっても人の輪に入ることを避けて「引きこもり」になってしまわないかということでしょう。

 

ワキガ治療法に関して言えば大人も子供も基本的には変わりません。
しかし子供は精神的な影響が大きいので、小さい子供ほど親が過剰に反応しないようにして、即ワキガ治療・手術を考えるのではなく、精神的ケアを優先すべきだと思います。

 

また、子供はアポクリン腺が成長途上であるので、高校生以上にするような手術治療をしても再発する可能性が高くなります。
ですから「ワキガと子供」でも書いたように、親が先に子どもの臭いに気付いた時は、ワキガという言葉を使わずに「服を清潔にする除菌スプレーだよ」といってデオドラント剤を使う。
子供の方から臭いが気になると言ってきても、何気なく気軽に相談に乗ってあげる態度が必要です。

 

親が自分もワキガに悩んだ経験があるからといってショックを受けた態度を子供に見せると、子供はもっと体臭を気にしすぎて、それが悩みに発展してしまいます。
要は子供の場合、「気になる」程度のものが「悩み」にまで発展しないように予防・対策することが大事だということです。

 

中学生や高校生にもなると、はっきりとワキガ臭を自覚しますから、その時になってボトックス注射やX針電気凝固法などのワキガ治療法を検討すれば良いでしょう。
ただ、子供の悩みが大きくなって精神的に追い込まれるのは避けなければいけませんから、親御さんや家族の方がその対処法が判らないといった時は、早めにクリニック等でご相談されることをお勧めします。

子供のワキガ臭対策関連エントリー