ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

年齢とわきが臭

わきが臭は年をとるとなくなるのでしょうか?という疑問を持っている方も多いでしょう。
性ホルモンとワキガの関係」でも少しふれましたが、ワキガ臭の発生は性ホルモンの分泌が活発になる頃と一致するケースが多く、アポクリン腺が性ホルモンの刺激で大きくなり分泌量も増えるので臭いも強くなりがちです。

 

そして年をとっていくとアポクリン腺の活動も弱くなり汗の量も臭いも減少するケースが多いので、年とともにワキガがなくなると思っている人が多いのでしょう。

 

しかしこれは個人差があったりして一概にはいえず、20代の頃より30代、30代の頃より40代になってから臭いが強くなったという人も珍しくないのです。
ワキガ・多汗症治療をしてくれるクリニックでは60才以上の方の手術も結構あるそうですよ。

 

わきが臭そのものは遺伝ではなく体質からくるものです。
わきが体質(アポクリン腺量)」は遺伝することがあり、年齢とともにアポクリン腺からのワキガが出る能力が高まってきますが、思春期頃から活発になる人もいれば30歳を過ぎてから活発になる人もいるので、わきが臭は歳とともになくなるとは言えないのです。

 

また、云い方を変えれば、わきが体質は生まれた時から変わらないので、ホルモンの分泌の関係で若いときはワキガ臭に悩んだことがなかったという人も、なにかのきっかけで皮下の汗腺が働きだしワキガ臭が臭ってきたというケースもあり、何歳くらいからワキガになるという定義もできないのです。

 

注意したいのは、ワキガのような臭いがしたとしても、すぐにワキガだと決めつけないことです。
中学生や高校生の頃はスポーツをしたりして汗もよくかきますから単に汗臭いだけだったり、成長ホルモンの関係で一時的に汗腺からの分泌量が増えただけかもしれません。

 

また自己臭恐怖症というのがあり、周りの人は特に臭いを感じないのに自分で臭いと思い込む一種の精神的症状ですが、これはストレスが原因となっているが多く、ストレスは体臭を強くしますからご注意を。

年齢とわきが臭関連エントリー