ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

性ホルモンとワキガの関係

性ホルモンワキガの関係について考えてみます。

 

ワキガの臭いが発生したり強くなるのは、男性の場合声変わりしたり髭が生えてくる頃、女性であれば初潮を迎えるくらいの頃が多く、思春期に入り成長に伴って性ホルモンの分泌も活発になるころと一致しているところから、性ホルモンがワキガに関係していると考えられています。

 

このことは一概には言えませんが、専門家もワキガと性ホルモンが密接に関係していると指摘し、研究を進めているようです。

 

ただ、絶対に性ホルモンがワキガに関係していると言い切れないこともあるのです。
例えば、ワキガ臭の異臭の原因は過度に発達したアポクリン腺からの分泌液が、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざり、雑菌によって分解され、様々な物質に変化に変化することから生まれるのですが、赤ちゃんには大人にないアポクリン腺がたくさんあって成長するにしたがって消滅していくのですが、ワキガ臭もする赤ちゃんっていないですよね?

 

また、成人した中高年になってからワキガになったという人もいますので全てのワキガが性ホルモンと関係しているとは言えないということです。

 

しかしながら、男性ホルモンのアンドロステロールなどの揮発性ステロイドが、アポクリン腺からの分泌液に含まれワキガ臭に影響しています。

 

また女性の場合は、普段はワキガ臭がしない方でも生理直前や生理中にワキガ臭がきつくなる女性がいますし、妊娠や出産にあわせてワキガが発生したりしますので、性ホルモンの変化がワキガ臭に影響していることは、間違いないようです。

 

そして男性でも女性でも更年期を過ぎるとワキガ臭の悩みも少なくなってきますから、性ホルモンがワキガに関係する部分は大きいと思われるのですが、どのようなメカニズムでアポクリン腺の分泌を活発にしたり抑えたりしながら、ワキガに関わっているのかはっきりしていないということです。

性ホルモンとワキガの関係関連エントリー