ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

PMR法

ワキガ・多汗症治療法のひとつに「PMR法」というのがあります。
皮下組織を取りやすくする効果もある特別な麻酔をワキの下に施し、2種類の専用の器具を使って汗腺類を吸い出します。

 

特殊な器具で、ワキガの原因となるアポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺、皮脂腺などの汗腺類の取り残しがないかを最後段階で確認するため、ワキガ治療の効果も高いと言う評判です。

 

現在、おこなわれているワキガ・多汗症の治療の中で、最もキズが小さく確実な治療法といわれています。
PMR法は、クリニックによって「マイクロリムーブ法」「クワドラカットシェーバー法」とも呼ばれているようですが、手法は基本的に同じです。

 

PMR法のメリットは、傷あとが他の方法より小さい事が第一にあげられ、手術中の体の負担が少なく、日帰りができ、回復が早いことです。
また、ワキ毛の永久脱毛効果や多汗症改善も同時に得る事が出来るので、ワキガだけではなく、多汗症やわき毛に悩んでいる方にもお勧めな治療方法と言えるでしょう。

 

良いことずくめのようなワキガ治療法のようですが、専用器具を使用する分、誰にでもできるというものではなく、この方法に熟知した医者の経験と技術に頼るところが大きいです。

 

また、どの方法にも言えますが、100%合併症がないとは言えませんから、事前に十分なカウンセリングを受けてください。

 

治療手順としては、最初にワキガ治療専用の特別な局部麻酔します。
手術中はこの麻酔の効果でまったく痛くありません。
次に専用器具Aにより、脂肪を含む患部全体の汗腺組織を吸い出します。

 

さらに「SCカニューレ」という電器髭剃りの要領に似た仕組みの器具により、専用器具Aで取りきれなかった細部までの汗腺組織を完全に取り除きます。

 

SCカニューレのカバーに覆われた刃先は、皮膚を傷つけることなく、OCMという回転により、出血を最小限に抑えられるよう作られています。
最後に、特殊な器具で汗腺組織の取り残しがないことを目視、確認して手術は終了となります。

 

PMR法でワキガの治療をおこなった場合、肘から下は自由に動かせ、簡単な家事であれば大丈夫ですが、手術後1週間程度は、重いものを持ったり、腕を上げたりすることができません。
また手術後は3回程度の通院が必要となるそうですが、せん除法切除法に比べると、負担はかなり少なそうです。

 

PMR法でワキガ・多汗症の手術をおこなうと1ヵ月ほどで、ワキの下の皮膚が一時的に硬くなる場合があるが、3ヵ月〜6ヵ月で元に戻るということです。

 

PMR法関連エントリー