ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

超音波法

ワキガ多汗症治療として最先端の技術といわれるのが、この超音波法です。
超音波法は、超音波を使用して皮下のエクリン汗腺・アポクリン汗腺を取り除く手術方法です。

 

どうやってワキガを取除くのかと言いますと、まずワキの下を局部麻酔し、2ヶ所1cm程度切開します。 次に、直径が2mm程度の管(超音波発生器)を挿入し、超音波の振動で汗腺類を破壊します。 そして、超音波によって破壊された組織は超音波メスに連結された吸引器により吸い取られていきます。

 

傷跡は小さくて済み、手術は30分ほどで終了します。
超音波治療法は汗腺類以外の組織を損傷しないため、身体へのダメージがほとんどなく、入院・通院の必要もありません。
皮膚の生着も早いので手術後の回復が早いのが特徴です。

 

超音波によるワキガ治療は、皮下組織全体に超音波を当てるだけで血管や神経を傷つけずに汗腺類のみを破壊することができるのです。
その理由は、ワキガ臭のする皮下組織は、弾力性のない固い汗腺類と、豊かな弾力性を持つ血管や神経に分かれているのですが、超音波の振動エネルギーをまともに受けてしまう固い汗腺類は破壊され、逆に血管神経系組織は自身の弾力で振動エネルギーをかわすため破損されないということです。

 

通常の汗腺類を掻きだす治療法を選択した場合、脇毛が薄くなってしまうケースがあります。
しかし超音波法は、特に男性の方でワキガを治したいが、毛は残したいと言う方の要望に応えることができるんです。
超音波の周波数を調節することで汗腺類のみを破壊するのか、または汗腺類と毛根すべてを破壊するのかを選択できるという優れた方法です。

 

ただし、超音波法では、切開する範囲が小さく、医師が直接エクリン汗腺・アポクリン汗腺を見ながら取除くわけではないので勘に頼る部分があり、適切な周波数を患者一人ひとり合うよう調節するのは技量を要しますから、手術の結果は医者の手術への経験や熟練度に大きく左右されるということになります。
こういうことから、超音波を使うことで血管などを傷つけることはありませんが、ワキガや多汗症が再発したという話も聞かれます。

 

超音波法はワキガや多汗症治療に対して、当初は術後の安全性や、皮膚の回復も早いことから注目された方法ですが、やけどや組織内水腫の合併症の報告や超音波による熱が皮膚自体にダメージを与えるなどの報告もあったようです。

 

また、超音波法は、吸引法の域を超えないので、やや不確実な方法だという医師もいます。
ですから、いくら最先端技術といえども、未熟な医師の超音波法ではワキガ・多汗症の手術後の効果が望めません。 
信頼できる医師を見つけなければいけないということですね。

超音波法関連エントリー