ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ治療法の概要

ワキガ手術しなければ完全に臭いを無くすることは難しそうです。
ですが、もちろん手術しなくてはいけないわけではなく、症状によっては普段からの食生活や生活習慣を改善することで十分ニオイを予防・軽減することができます。
ワキガ手術を受けるかどうかは、まずは自分のワキガの状態・症状をよく知ってからということになります。

 

ワキガの治療方法といっても、インターネットで検索しますと多くの手術法や治療法がでてきます。
どのような治療を受ければいいのか、予備知識がなければ選択するのは難しいです。
同じ治療方法であっても病院・クリニックによって呼び方が違ったりして迷いますし、はっきりいってわからないです。

 

ですから、病院・クリニックで治療される場合は治療方法を決定するまえに、よく説明を聞いて必要によってはカウンセリングを受けるなどして治療されることをおすすめします。

 

 

ワキガの治療法には、内的な治療法と外的な治療法があり、その他には漢方薬によるワキガ治療というのもあります。

 

内的な治療方法というのは食事療法のことです。
食事療法は、動物性脂肪分が多くカローリーの高くい食事を控え、野菜中心の食事に変えたり、お酒やジュースの摂取量を控えることで、症状の程度によっては、まずまずの効果もえられます。
しかし、ワキガの根本原因であるアポクリン腺から出る汗の量は、直接的に調節することができませんから完全にワキガ臭を消し去る治療方法ではありません。

 

外的な治療法としてのさまざまな手術の場合は、ワキガを完全に近い形で治療するために、直接アポクリン腺を除去することになります。
病院・クリニックでおこなわれる外科的な治療法には「超音波法」「吸引法」「せん除法」「レーザー法」などがあります。

 

また、エステサロンなどで行われるワキガの治療法には「インフォレーゼ法」「電気凝固法」「電気分解法」などがあります。

 

これらの治療法は、皮膚科や形成外科で行われる一部の方法を除いて保険が適用されない方法が多く、費用は高額になりがちです。
「割引キャンペーン期間中です」などと宣伝しているクリニックもみかけますが、やはり自分に合ったワキガ手術、信頼できる医師、十分なカウンセリング、アフターケア等で選んで下さい。

ワキガ治療法の概要関連エントリー