ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ミラドライ治療法

ミラドライ治療法という最先端のワキガ・多汗症の治療法をご紹介します。
現在、最も新しいワキガ・多汗症治療法で、世界初の画期的技術といわれるほど注目を浴びています。

 

ミラドライというのはアメリカのMiramar Labs 社が開発した治療機器でマイクロウェーブ(電磁波)を照射することによって汗腺を破壊し熱処理を行う方法です。
日本では2010年頃からクリニック等で治療が行われるようになり、その効果と安全性、精度の高さが話題になっています。

 

ミラドライ治療に使われるマイクロウェーブ(電磁波)については、電磁波と聞くと人体に有害な感じがしますが、ミラドライで採用されている電磁波は電子レンジの電磁波と似ていて、汗腺にある水分に反応するように設計されているということです。

 

アメリカでは200症例以上の臨床評価を経て日本に入ってきましたが、日本でも治療後に問題になるような例は現在報告されていないようです。

 

ミラドライ治療法の大きな特徴は次の通りです。
@皮膚を切開することなく汗腺を破壊できるので、傷が残らず、ダウンタイムもなく、実生活にほとんど影響がありません。
A治療時間は約1時間と短時間で終了します。
B1回の照射で70%以上のひとが高い満足度得られ、半永久的な効果が持続します。
Cワキガ・多汗症の原因であるエクリン汗腺とアポクリン汗腺を破壊するので汗をかくことがほとんど無くなります。

 

治療の流れとしては、
@カウンセリング
A臭いと汗が発生している施術部位にマーキングし局所麻酔(10〜20分)を行う
Bミラドライ照射(片側約15?20分)
C照射後に鎮静のために冷却照射(約15分)
D治療後は基本的に通院も外用剤等の必要はない

 

治療後は赤みと腫れが出るようですが、1週間ほどで綺麗に引き、日常生活にも全く問題ないようです。
ワキガ・多汗症の治療法としてすばらしい方法だと思いますが、保険適用は受けられないため、治療費は高額になります。
現在、ミラドライ治療法を行っているクリニック等の相場としては45万円〜50万円というところでしょう。

 

また、ミラドライは1回の照射で100%の汗腺を取り除くことはできないので(約80%の削減率)、ワキガ症状・多汗症状は多少残りますが、気になる方は3カ月経てば2回目のメンテナンス照射が可能だという事です。

ミラドライ治療法関連エントリー