ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

クイック法

ワキガ治療の手術方法のひとつとしてクイック法というのがあるので紹介したいと思います。
ワキガ手術のクイック法は、わきが臭の程度がそれ程強くない、軽度のワキガ症状の方に向いているのではないでしょうか。

 

毎日のようにわきが臭が気になるというわけではなく、汗をかいたときや体調の変化で臭うという程度であれば、シャワー浴びたり、消毒用のわきがクリームを使う、まめにワキの下を拭き取る、デオドラント(制汗剤)を利用するなどの方法でもわきが対策はできると思いますが、それでも気になってしまう方には最適なのがクイック法です。

 

クイック法は、わきの下に数ミリ程度の穴をあけ、とても細いカニューレを使ってわきがの臭いの元となるアポクリン汗腺を吸引する方法で、「吸引法」と同じような方法です。
メスを使わないので傷跡も残らず、治療時間は30分程度で終わりますから非常に楽です。

 

ワキガ手術のクイック法を行うと、痛みや傷はほとんどなくて数週間経てば傷跡も消えてしまいますから、クイック法を希望される方も多いのですが、デメリットもよく理解して欲しいと思います。
デメリットとしては、目で確認しながらアポクリン汗腺を吸引するワケではないので不確実性が高く、アポクリン汗腺の40%〜50%も吸引できれば良い方でしょう。
そのため、完全にわきが臭を除去することができず、臭いを低減できる程度です。
また、入院の必要性はありませんし当日からシャワーも可能ですが、術後1週間はわきを軽く固定しなければいけないので、腕を肩より上げることができず、運動も2週間は控えないといけないでしょう。

 

ワキガ手術のクイック法は、わきが臭を軽減するだけに止まりますが、その上でデオドラント剤の使用や香水などを使ったりすることで、ほとんどワキガ臭を周りに気にすることなく生活できると思います。
美容整形でのワキガ治療としては人気が高い方で、費用は15万円〜20万円程度でしょうか。
クイック法を検討される方は、のちのトラブルを避けるためにも、病院・クリニックから事前に充分なカウンセリングを受けるようにしてほしいと思います。

クイック法関連エントリー