ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

すそわきがの治療法

すそわきが(すそ腋臭・外陰部臭症)は、しもわきがとも呼ばれる陰部付近のアポクリン汗腺から発生するワキガ臭です。

 

すそわきがの場所がデリケートな位置にあるので、わきが治療を受けることを躊躇う人も多いと思いますが、治療を受けようとする前に「すそわきがってなに?」でも触れているように、本当に“すそわきが”なのか、もう一度確認する方が良いでしょう。

 

日本人の場合、陰部のアポクリン汗腺はほとんど退化してしまっているということなので、女性の場合臭いの原因がおりものや分泌物、産婦人科系の疾患も考えられますし、男性の場合でも自己臭症のようにたまたま一度だけ、他人から指摘されたために、現在は臭いはしないのに「自分はすそわきがだから臭い人間だ」と思い込んでいるだけということも考えられます。

 

信頼できる身近な方や専門医に相談して、手術を受けるのであれば専門の病院やクリニックで十分なカウンセリングを受けてから、実行するようにしましょう。

 

すそわきがの治療方法としては、手術してアポクリン汗腺を切除する方法が主流のようですが、やはり陰部にメスを使うのは避けたいですし、毛根もある程度一緒に切除されてしまうので、毛が生えてこなくなることも考えられます。(※凝固法という毛を失わないですむ治療方法もあります)

 

そんな時は、ボトックス注射や塗り薬を使う方法もあります。
ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌を使って筋肉を収縮させ汗腺を細くする事ができる、という方法ですが、時間の経過と共に効果はなくなってきます。

 

ほぼ確実にすそわきがの臭いから開放されようとすると、メスを使って目で見ながらアポクリン汗腺を取り除くせん除法剥離法が最善だと思います。

 

どうしてもメスを使うのがいやだという方には、超音波をつかってアポクリン汗腺を破壊するという方法も考えられますから専門医に相談しましょう。

すそわきがの治療法関連エントリー