ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症対策 食生活(その2)

多汗症対策 食生活(その1)からの続きです。

 

ちょっと考えていただくと食べ物や食事の取り方が多汗症の対策としてとても重要だということが分かると思います。

 

女性ホルモンに発汗を抑制する作用や汗をかいてもサラサラした臭いの少ない汗にしてくれる作用があるということはご存知でしょうか?
そして多汗症対策として効果のある食材は豆類だとも言われているんです。

 

ですから女性ホルモンを食事から摂取しようとした場合、主に大豆、納豆、豆腐などの豆類を食べるようにすればいいことになります。

 

豆類に含まれているイソフラボンという成分が、女性ホルモンに似ていて多汗症対策になるというわけです。

 

それに、豆類というのは、多汗症対策だけでなく健康にも効果が期待できる食品として知られていますし、納豆や豆腐などさまざまな種類で摂取することが可能です。
多汗症対策に限らず、健康的に過ごすようにするためにも豆類をよくとるようにしましょう。

 

また、多汗症対策には刺激が強い食品も避けるようにするとより効果的に対策ができるようになると思います。

 

脂肪分を多く含んだ肉類や、油脂分を多く含んだ揚げ物、チーズ、バター、それにスナック菓子や唐辛子などの香辛料の多い食事を頻繁に摂っていると、身体の体温を上昇させて、汗をかきやすい状態に陥りますから、その結果多汗症になりやすいようです。
香辛料自体は体に悪いものではないのですが、多汗症の方にはちょっと控えたい食べ物です。

 

最近の日本人の食生活は徐々に欧米化してきているため、肉や乳製品を摂ることが多くなってきました。

 

ですから多汗症の人は、なるべく和食など脂肪分の低い食事を摂ることを心がけ、肉類や揚げ物などを摂りすぎないように注意しましょう。

 

辛いものや刺激物を摂取した時は味覚性発汗と言って、汗をかくのは普通の事ですが、それが過剰になると味覚性多汗症になる可能性があるということになります。
多汗症を少しでも防ぐには食生活の見直しをすることからも改善していきましょう。

多汗症対策 食生活(その2)関連エントリー