ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症対策 食生活(その1)

多汗症対策として食生活を見直すという事は大切なポイントとなりますから是非改善してみましょう。

 

食生活が多汗症に影響するという理由をご存知でしょうか?
ただし、真夏にクーラーの効いていない部屋で、鍋焼きうどんを食べると汗をかきますが、そういう意味の食生活ではありませんからね。

 

私達は生きていくために、エネルギーとなる食事を毎日摂取するわけですが、ある食品を毎日食べ続けると悪影響となるものがありますから、それを抑えるようにしましょうという意味の食生活見直しです。

 

先ず、食生活の見直しも自己管理の一つになりますが、セルフケアの点から言うと、ストレスが溜まるよな食生活はいけないといえます。

 

例えば、食事ダイエットなどをすると、痩せる喜びはあるかもしれませんが、食べたいのに食べるのを我慢するとストレスが溜まります。
ストレスを溜めると多汗症対策になりません。

 

絶対に食べてはいけないということではなく、ダイエットしながらでもセルフケアして妥協点を見つけることが必要となります。

 

ずばり、多汗症に良くないだろうと思える食品類を言いますと、脂分、糖分、香辛料が強いもの、お菓子などがあります。
これらは、多汗症を悪化させるような食べ物と言えるので、控えるようにした方がいいと思います。

 

私達が食事をして、体内に摂りいれた食べ物は、消化吸収され、肝臓でエネルギーに変えられますが、この時に熱が発生し、体温を上昇させます。

 

ですから脂分、糖分、香辛料などを常時摂取していると、皮膚を刺激し熱が発生しやすく汗が出やすい体質になってします。

 

また、出る汗はサラサラした臭いの少ない汗ではなく、ネバネバした体臭となる汗になりますから、こういう食品は控えるようにしましょう。

 

逆に、ビタミンAやビタミンEが多く含まれている食物には臭いを抑制する効果があるので、積極的に取り入れるようにしましょう。

多汗症対策 食生活(その1)関連エントリー