ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

異汗性湿疹

多汗症の人に多いといわれる異汗性湿疹(いかんせいしっしん)という湿疹性の皮膚疾患があります。
汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)とも言いますが、手のひらや足の裏に小さな汗疱(水ぶくれ)ができ、初期の頃は強い痒みを伴います。
さらに小水疱は融合して大きな水疱になり、その後皮膚がひろくむけてきます。

 

異汗性湿疹の原因としては、多汗症の精神性発汗で汗が過剰に分泌され、手のひらの汗腺が塞がってしまったっため、汗が外に出ることができずに皮膚内のpHが低くなり、炎症・湿疹をつくってしまうと考えられます。
簡単に言うと汗疹(あせも)と湿疹が同時に混ざり合ったような症状です。

 

実は私もこの異汗性湿疹になっています。
子供の頃から手足の多汗症なので随分と苦労していますが、さらに異汗性湿疹は痒くてたまりません。

 

風呂上がりの温まった時や寝ている間にも無意識に掻いてしまうことがあり、べろんと手のひらの皮を薄くめくってしまうことがあります。
もちろん皮膚科にも行くのですが、多汗症が完全に治らないので対症療法しかなく、どこの皮膚科に行ってもかゆみと炎症を抑える塗り薬、飲み薬が処方されるだけですね。

 

しかし塗り薬は、日常手を洗ったり物を持ったりのであまり使えず、寝る時にしっかり塗布し綿の手袋をして寝ています。
私の場合、夏はぐじゅぐじゅの異汗性湿疹で、冬は手が乾燥するためカサカサ皮膚がひび割れる異汗性湿疹になります。
春と秋は幾分マシにはなりますが、夏冬は痒くてイライラすることがよくあります。

 

足に異汗性湿疹ができる人は水虫と間違われやすいですが、水虫菌はないので人に感染する心配はありません。
医者からは、自分で皮を剥くと症状を悪化させるので掻かないようにと言われるのですが、なかなか我慢できるものではないですね(泣)

 

多汗症の方を完全に治せば異汗性湿疹も治まるかもしれませんが、なかなか完璧には治らないので苦労しています。
でも、医者のアドバイスを聞きながら取り組んでいて、以前に比べれば少しずつ良くなっているのが救いです。

異汗性湿疹関連エントリー