ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

味覚性発汗とは

汗のかき方を分類してみると、味覚性発汗というものがあります。
味覚性発汗というのは、辛いものや酸味のものを食べたり飲んだりした時に出てくる汗です。

 

この汗は、辛いもの酸っぱい物を口に入れた時に、発汗神経が刺激されるためにエクリン腺から汗が分泌されるもので、誰しも経験があると思います。
味覚性発汗は生理的発汗であって病気ではありませんから治療の対象にはなりません。

 

ただ、味覚性発汗が過剰なくらい汗になる場合は、味覚性多汗症と呼ぶこともあるようです。
味覚性発汗は個人差が大きいので、どこまでが通常の発汗でどの程度から多汗症といえるかは難しいです。

 

辛いものや酸味の物の他に、甘いものを食べたり飲んだりしても発汗する場合がありますし、もともと生理的な現象なので気にしない方がよいと思います。
美味しいものをせっかく食べているのに、汗を気にしすぎると味が分からなくなって楽しみが無くなりますし、それを悩んでしまうまでになると、辛い物などを見ただけで発汗してしまうような精神的発汗に陥ってしまう場合があり、それこそ多汗症という病気になってしまう恐れがあります。

 

味覚性発汗が出やすい食べ物というのは、自分で辛いと感じるもの全般や酸味のある食品です。
また肉類も味覚性発汗が出やすい食品と云えるので、食べすぎるのは良くないでしょう。
味覚性発汗が出やすい場所としては、額や鼻を中心とした顔に汗をかき、頭にもかきやすくなる人はいますが、手足に汗をかく人は少ないようです。

 

辛いものによる味覚製発汗の場合は、毎日のように辛いものを食べることによって、味覚が慣れてしまう事があり、より一層辛いものにしか発汗反応がしなくなることがあります。
何れにしても、味覚性発汗は誰でもかく汗で、あたり前の汗という感覚を本人や周囲の人も持つことが大切ですよね。

味覚性発汗とは関連エントリー