ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症とワキガの関係

多汗症ワキガの関係については、ワキガ、多汗症の基礎知識のところで(多汗症とワキガ、汗かきの違い )お伝えしましたが、再度確認したいと思います。

 

多汗症とワキガは性質が全く異なるもので別物です。
多汗症の方は汗を沢山かくので、ワキガにもなっているんじゃないかと感じる人も多く、混同されがちですが、多汗症だからと言ってワキガとは違いますし、ワキガだからと言って多汗症になるとは100%言えません。

 

確かに多汗症の人でワキガの方がいますが、そもそも汗が出る汗腺が違うと言うことをご存知ですか?

 

ワキガはワキや耳など特定の箇所にしかないアポクリン腺から出る汗で、汗が細菌などに汚染されて、わきの下から独特のニオイを発するものです。
これに対して多汗症の汗は全身にあるエクリン腺から出ますが、この汗腺から出る汗はサラサラしているので、アポクリン腺からのワキガ臭のような強烈な臭いがするものではありません。

 

このような違いから、多汗症対策をしようと思ったときに、ワキガに有効な対策を施しても意味がない場合があるのです。

 

当サイトでは、ワキガの治療法や多汗症の治療法について、心療療法から美容的な治療、手術による治療まで、いろいろ記載していますが、基本的には多汗症・ワキガ対策は、体を清潔にして、食事に気を使うことから始まると個人的には思っています。

 

多汗症の方は汗の多さにも対処しなければいけませんが、臭いに関しては、汗をかいたらこまめに濡れたタオルや市販の汗拭きシートなどを使い、汗を拭き取るようにすれば、それほど臭いを気にしなくて済むと思います。

 

精神的発汗であったとしても、自分なりのリラックスする方法を身に付ければ、緊張する場面でも、自然と心が落ち着いた状態でいられるようになります。

 

また、食事についても、アルコールの過剰摂取や、香辛料の取りすぎ、肉中心の食事への偏りなどを、意識して改善することにより、汗のかき方も汗の臭いも少しづつ落ち着いてくると思います。

多汗症とワキガの関係関連エントリー