ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症と汗かきの関係

多汗症汗かきの関係についてですが、多汗症と汗かきは関係ありません。
というよりも多汗症と汗かきは別物なんです。

 

人間は夏に暑いと感じたり、運動したりすると体温が上がりますが、これを汗を出すことによって体温を下げようとする体の働きがあるということは解りますよね?

 

この働きを体温調節と言いますが、気温の暑さ、体を使った運動、食事、風邪や病気による発熱などがある場合に体温調節されるわけです。
で、汗かきというのは体温調節するときに、普通の人より多く汗が出る状態の人を言います。

 

これに対して多汗症というのは、体を動かしたりして体温調節をしているわけでもないのに額に汗が浮かんだり、寒いくらいなのに、手のひらや足の裏が濡れている、という場合は、多汗症の可能性があります。

 

多汗症の大きな原因は精神的なことが多いですから、体温調節のために汗が出るのと全然違うのです。
多汗症と汗かきにはこういう違いがありますから、汗の量や臭いに対する対策・対処法を考えるとその方法も違ってくるのです。

 

ですから、まずは自分が多汗症なのか、ただの汗かきなのかを見極めないといけないですね。
人より多くの汗が出るという理由だけで、多汗症と考えるのは、少し早いかなと思いますので、ご自身の症状をよくチェックしてから、治療や対策を施しましょう。

 

肥満タイプの人はどちらかというと、汗かきが多いですよね。
これは、体に脂肪が多いために体熱が外に放出されにくい傾向があるためで、少し体を動かしても汗が出やすい体質になっています。

 

また、日常的に運動している人は、汗腺も鍛えられていますので、体温が上がると汗をかきやすいようです。
汗かきだと自分で思う人もアポクリン汗腺が発達していない状態でしたら、少し汗をかいてもなんの心配もないですからこまめに汗を拭いて、清潔にしておけば臭いの心配もいらないと思います。

 

多汗症で精神的発汗の場合は、ストレスや緊張から開放されるように、自分でその解消方法を見つけたり、心療科などの専門医に相談することが考えられます。

 

また疾患による多汗症の場合、バセドー氏病、生殖器障害、結核、急性リュウマチなどが原因で起こる場合がありますから、急に汗をかきやすくなったと思うときは内科医に診断してもらうことをお勧めします。

多汗症と汗かきの関係関連エントリー