ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症の基礎知識

多汗症とは、一般的な人より多くの汗をだしてしまう症状、体質、病気のことをいいます。

 

人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺、皮脂腺という分泌腺がありますが、多汗症はエクリン腺から通常以上の汗が流れ出ます。

 

多汗症を表面的に分類すると、身体全体から汗をかいてしまうような全身性多汗症と、特定の部位、例えば顔、頭、手のひら、脇といったところにだけ汗をかく局所性多汗症に分けられますが、人間は汗をかく動物ですからどれだけ汗をかけば多汗症だという基準はありません。

 

また、多汗症は病気だと言っても、身体の痛みがあるわけではないし、命にかかわるものではありませんから、自分が多汗症だと思えば多汗症にもなるし、ただの汗かきなのかもしれないです。

 

そういうことから、多汗症は汗の多さや目に見える症状よりも、多汗となる原因に病気なのかどうかの鍵があるように思います。

 

しかしながら、多汗症の原因と言ってもこれも様々なことが考えられます。
ストレスや不安、緊張などの内面的な心の問題、食生活、肥満、遺伝、あるいはホルモンバランスの偏りなども原因として考えられます。

 

いずれかの原因があるとしても多汗症は日常生活に余分な負担をかけますし、また他人からみればただの汗かきにしか見えないので、本人にとってみれば酷く苦痛であっても、悩んでいるとは見てもらえない辛さもあります。

 

多汗症の人が汗をかく場所は顔、頭、手のひら、足の裏、脇などがありますが、例えば手のひらの多汗症の方は、他人と手をつないだり握手をすると、嫌がられるのをわかっていますから、そういう場面になると逃げ出してしまうので、事情の知らない人から誤解されたり、自分自身がそれを苦に重い心の病気になることもあります。

 

ですから、症状がひどくならないうちに、対策や治療を行ってほしいと思います。

 

多汗症の基礎知識関連エントリー