ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症治療と抗コリン剤

多汗症治療にプロバンサインという「抗コリン剤」を使用する場合があります。
「抗コリン剤」の一種であるプロバンサインは、一般的に腹痛などの痛み止めに使用される薬なのですが、多汗症にも効果があるそうです。

 

どうして多汗症に効果があるのかというと、
何らかの発汗刺激をうけると、汗腺はアセチルコリンという物質が分泌されるので汗が出てきます。
そのため、アセチルコリンの分泌を抑制すれば発汗も収まるだろうとの考えから、アセチルコリンを抑えるプロバンサインという抗コリン剤が使用されるわけです。

 

抗コリン剤のデメリットとしては、特定の汗腺のアセチルコリンを抑制するだけでなく全身のアセチルコリンも分泌を抑えるため、部分多汗症には対応できません。
また、抗コリン剤の副作用として喉が渇いたり、目が渇いたり、尿が出にくくなるという事がありますから、強くはお勧めできません。

 

もう少し予備知識として抗コリン剤について説明します。
アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する薬物を抗コリン薬といいます。
そして抗コリン作用といわれますが、神経伝達物質の一つであるアセチルコリンがシナプス後部の受容体と結合することを阻害してしまう作用があるわけです。
それで発汗を抑制し多汗症にも対応できるといういわけですね。

 

抗コリン剤には他にもポラキス、パップフォーといった薬品があり、前立腺肥大の薬物治療にも使われますが、やはり唾液が出なくなって口が乾く、便秘になる、 膀胱の筋肉が弱まるため尿が出にくくなるなどの副作用があります。
抗コリン作用薬は、制吐剤、鎮痙薬、鎮痛剤、降圧薬、向精神薬、パーキンソン病治療薬など、多くの治療薬として処方されていますが、長期的に使用していると軽度認知障害を引き起こす可能性があるとも言われているのです。

 

ですから、多汗症治療として抗コリン剤をしようとする場合は、常用的に服用するのではなく、例えば緊張を強いられる重要な会議の前に服用するなど、緊急的な使用に留めた方が良いと思います。
また、医療機関で処方してもらうときには多汗症のために使用したい旨を伝え、医師や剤師の指導・指示を受けるようにしてくださいね。

多汗症治療と抗コリン剤関連エントリー