ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症に防已黄耆湯

多汗症に効果があるという漢方薬、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)をご紹介します。

 

防已黄耆湯は多汗症の漢方治療では一番ポピュラーな漢方薬と言われています。
この漢方薬は、汗かきで疲れやすく、色白で太りぎみの人に向いていると言われ、体内の水分循環を改善し、疲れや痛みを取り除いてくれます。

 

効能としては多汗症のほか、肥満症、むくみ、関節炎、関節リウマチ、腎炎、ネフローゼなどに効くようですよ。

 

防已黄耆湯は、次の6種類の生薬で構成されています。
防已(ぼうい)---体の水分の流れを良くし余分な水分を排出して痛みを緩和
蒼朮(そうじゅつ)---水分循環の改善
黄耆(おうぎ)---滋養強壮作用および発汗調節作用
生姜(しょうきょう)---胃・腸の調整作用
大棗(たいそう)・甘草(かんぞう)---緩和作用

 

防已黄耆湯が多汗症治療に効果が現れる理由は、これらの種類の生薬が密接に働き、汗として出ていた水分を、胃腸を活性化させ腎臓を強化し、排尿させてくれるからだと思います。

 

多汗症治療も行う病院では、お湯に溶かすだけで済む服用が簡単な乾燥エキス剤が広く使われているようです。

 

防已黄耆湯には重い副作用はまず心配しなくても良いということですが、少しは副作用があります。

 

防已黄耆湯に配合された甘草を大量摂取すると、偽アルドステロン症と呼ばれるむくみや血圧上昇の症状が見られることがあるそうです。

 

また、間質性肺炎と肝障害が報告されているということですから、念のために注意をしてほしいと思います。

多汗症に防已黄耆湯関連エントリー