ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

気功療法で多汗症克服

気功というのをご存知でしょうか?
ウィキペディアによれば気功の特徴というのは「心身が安定してゆるんでいる状態で、動作、呼吸、イメージを用いて、総合的に心身の自己コントロールを行なう」と書かれています。

 

多汗症の原因には中枢神経系の異常や体温調節機能の低下、自律神経のバランスの変化なども考えられるわけですが、気功によってこれらの異常や心身の変化を改善することができるというのです。

 

どうして気功が多汗症の克服につながるといのでしょうか?
気功というのは一つの健康法で、「気」=生命エネルギーによって身体の免疫力を高めたり、自然治癒力を強化し、心身の健康を保つあるいはレベルアップをはかることができるのです。

 

病は気からとよく言われますが、気に病む心配ごとを抱えていたり、ストレスが溜まっていては、多汗症の症状もよくなることはないでしょう。
多汗症は精神的なダメージによることが多いので、リラックスしている状態では多汗症状が出ることは少ないと思います。
ですから心身の健康を実現するために気功療法を取り入れた多汗症治療が良いと言われるのです。

 

気功が見い出されたのは中国ですが、気功法の種類は非常に多くて、現在では2000を超えるそうです。
禅も気功法の一つなんだそうで、気功の基本は、リラックスした状態で精神集中できること、呼吸を整えること、姿勢を整えること、の3つがあります。

 

気功法を練習してこれらができるようになると、リラックスして心身のストレスが解消できる、自律神経のバランスが良くなる、免疫力がたかまり自然治癒力を強化できる、内臓の働きが良くなるなどの効果が表れてきます。
これらの効果から精神的な重圧がかかっていた多汗症も改善できるようになるのです。

 

気功法を会得できるようになると、多汗症だけでなく心の病気や身体の病気に対する姿勢が前向きになって、いろいろな病気にもかかりにくくなってくるそうです。
昔は西洋医学の考えが一般的でしたが、最近は西洋医学にも東洋医学の考えが取り入れられてきているようなところがあります。

 

人間の身体は自然治癒力というのがありますから、気功療法や漢方薬、鍼灸ヨガなどの良さが改めて注目されてきたように感じます。
多汗症に対しても気功療法は大変効果のある治療法だと思います。

気功療法で多汗症克服関連エントリー