ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症治療 手術の有効性

多汗症治療する方法として、これまでに様々な手術方法や対処方法が開発されてきましたが、多汗症全ての人の悩みが解決するひとつの手術方法というのは無いように思います。

 

なぜかというと、多汗症と一言でいっても汗が多く出る場所や、汗の量の程度、汗のかく場面、など様々な原因や症状に個人差がありますから、その人に応じた最適な治療法、手術方法は異なって当たり前だと思うからです。

 

多汗症の原因もいくつか考えられ、精神的発汗というストレスや緊張・不安が原因となっている多汗症、何かの病気が原因になっている多汗症、食生活の偏りから見られる発汗などがあります。

 

そして、多汗症の手術や治療には、インフォレーゼ法ボトックス注射交感神経切除術、超音波治療法、レーザー治療、星状神経節ブロック療法、イオントフォレーシス療法、自律訓練法、精神療法など色々有り、どの方法が自分にピッタリなのか判りにくいです。

 

しかし、自分の多汗症の原因は何であるかはっきりさせた上で、どの程度多汗症が改善できれば納得できるのか、費用はどの程度かけられるのか、また各手術方法の副作用やデメリットも知らなければいけません。

 

大変な選択作業になりますが、幸い多汗症は今すぐ手術しないと命に関わるというようなことはありませんから、じっくりと考えて選ぶようにしましょう。

 

また、多汗症の手術の多くは、割と簡単に終わる手術が多いですが、妊娠の方、糖尿病、血友病、高血圧などの人は手術を受けられない場合がありますから事前にカウンセリングを受けた時に確認する必要があります。

 

これらのことを考え、手術の有効性を判断することになりますが、メリットがあまり感じられない場合は手術するのは止めて置く方がいいでしょう。

 

そんなときは制汗剤使用する、リラックスを心がける、食生活に気を配るなどの方法で対応した方がいいと思います。

多汗症治療 手術の有効性関連エントリー