ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症治療について@

多汗症を改善しようといろいろと自分で試してみるが、どうも良くならないというときは、専門医による治療 が必要になってきます。

 

多汗症の原因には、どこか身体の病気による多汗症の場合と、精神的なストレス・緊張・不安といったことが原因となる場合があります。

 

そして、後者の場合が多いのですが、そのような時の治療法は心身治療が良い場合があります。

 

多汗症の精神的発汗の場合は、人前で汗をかくかもしれないというプレッシャー(多汗恐怖)が、やっぱりあせをかいてしまった(ストレス)になり、それが気になってさらに汗をかくという悪循環に陥ってしまいま す。

 

ですから心身治療によって、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを心の中から取除くような訓練を積 む方法が有効となります。

 

多汗症の心身治療の方法には、主としてカウンセリングが行われます。
専門医によるカウンセリングで、汗に対してもっているマイナス意識や恐怖感を、薄和らげたり変えたりしま す。

 

また自律訓練法によって、自律神経(交感神経と副交感神経)を正常な働きができるようにするなどの治療も 行われます。

 

その他には、精神安定剤などの薬物療法ということも考えられます。
医師の処方とおりに服用すれば、効果が現れやすいという利点がありますが、ひとによれば副作用の心配があ るので、個人的にはあまりおすすめしていません。

 

しかしながら、多汗症が長い期間続いているようですと、かなり身体的にも精神的にも負担が掛かってきてい ますから、うつ病や、対人恐怖症といった2次的な病気に陥らないように、早い目に治療を完了したいです。

多汗症治療について@関連エントリー