ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが体質は寒い季節でも汗をかく?

ワキガ体質だからといって、寒い季節にも汗をかきやすいとはかぎりません。
暑い時でも寒い時でも、季節に関係なく汗が出やすいのは多汗症であって、ワキガ体質と多汗症は違います。

 

汗は本来、体温調節のためにかくものなので、風邪などで熱が出たときに、体は自然にエクリン汗腺によって汗をかくという作業を行ない体温を下げる働きをします。
気温が低くて寒いのに汗が出るというのは、本来、生理的に好ましことではありません。
ですが、多汗症になっている人は、生理性発汗ではなく精神性発汗と言われ、緊張や興奮、ストレスによって汗が流れ出るのです。

 

汗そのものは、99%以上が水分で、多少塩分を含みますが臭いはほとんどしません。
汗が雑菌と混じり合うことによって嫌なニオイになるのです。
ですから、寒い季節でも汗をかく多汗症の人でも、出た汗をきれいに拭きとって、清潔にしていれば臭うことはありません。

 

ただしワキガの場合は、アポクリン汗なので成分が異なり、皮脂などの分泌物が毛の根元に残りやすいので、完全にワキガ臭を抑えることは難しいです。

 

どれだけ汗をかけば多汗症かというと、個人差もあって基準はありませんが、通常は日常生活に支障をきたすほどの汗をかく症状ということになるでしょうか。
でも今の日本、特に都会では冬に戸外に出ることが少なくなっていますから、どこに行ってもだいたい暖かいです。
特に屋内で働いている人は、日常寒さ知らずなのが普通でしょう。
そういう環境にいると、ワキガ体質の方も多汗症の方も一年中、汗と臭いに悩まされます。

 

ワキガの原因になるアポクリン汗腺もエクリン汗腺も皮脂腺も、一年中活動していますので、ワキガは季節的に発生するものではありません。
ワキガ体質の6割の方は多汗症も併せ持っているといわれますが、ワキガ多汗症でなければ寒い季節は発汗自体が少ないですし、厚着をしていますので、臭いはあまり目立たないでしょう。

わきが体質は寒い季節でも汗をかく?関連エントリー