ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガは手に汗をかきやすい?

手に汗をかきやすい人は、多汗症の疑いがありますが、即、ワキガということはありません。
ワキガと多汗症は別物ですからね。

 

多汗症というのは、運動することもなく、暑くもないのに、エクリン腺から出る汗が過剰に放出される症状を言います。
多汗症は汗を多量にかきますが、ワキガのうようなニオイがあまりないのが特長です。

 

逆にワキガの6割が多汗症だといわれます。
ワキガ臭がするのは、アポクリン汗や皮脂が雑菌と混ざったときですが、手からは出る汗はエクリン汗です。
もっとも、エクリン汗でも皮膚の雑菌と混ざって多少臭うことはあります。

 

手の汗が特に多い場合は、「手掌多汗症」と呼ばれます。
汗かきとは異なり、季節や部屋の温度などと関係がありません。
いつも手のひらが汗で濡れていたり、また突然多量の汗がわき出し指先からしたたり落ちるため、汗が気になり集中力を欠いたり、人との交流に消極的になったりして、職業が制約されることもあります。

 

本来、汗は暑さに対する体温調節の役目を持っていますが、手掌多汗症は精神性発汗と言われ、緊張や興奮により交感神経節が汗の分泌を高めます。
特に手のひらや足底の発汗の原因は、交感神経の興奮が極端に亢進して、末梢神経に伝達されるためといわれ、自分の意思と無関係に突然的に汗が流れます。
暑い時だけでなく、精神的ストレスによっても引き起こされるので、リラックスできる時は収まります。

 

日本人では200人に1人が多汗症といわれますが、手掌多汗症も本人にとってみればかなり心に苦痛を伴います。
緊張して手が濡れてくるので、フォークダンスで手を握ることができない、授業中にノートが濡れる、バスケットボールが汗で滑るのでパスやシュートができない、買い物でもお金の手渡しが苦痛、握手をしてスキンシップがとれない、など生活に支障が出る時もあります。

 

臭いという点に関しては、ワキガほど深刻ではありませんが、とにかく多量に汗が出るので、精神的な苦痛はワキガと同じようなものがあります。

ワキガは手に汗をかきやすい関連エントリー