ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが体質と耳垢

ワキガ体質かどうかを判断す方法に、耳垢の状態はわかりやすい目安になります。
ワキガの自己診断の中でも耳垢の状態からの判断が、最も信頼度の高い方法で9割以上の確率で推測することができます。

 

耳垢のたまる外耳道の皮膚には、ワキガの原因となるアポクリン汗腺があるだけで、エクリン汗腺は存在しません。
エクリン腺の存在しない外耳道が湿っているということは、もうひとつのアポクリン汗腺からの汗が原因で湿っているということが明らかなわけです。

 

そして、アポクリン腺が外耳道にあるということは、一般的に体の中で最もアポクリン腺が多い場所であるワキの下にも多くのアポクリン汗腺があると推定でき、つまりワキガ体質であるということが推測できるわけです。
毎日耳の掃除をしていても綿棒に湿った耳垢が付くようでしたらほぼ間違いなくわきが体質といえると思います。

 

ただ、耳垢が湿っている人は皆なワキガかというと、そういうわけではありませんが、強いワキガ体質の人はほぼ全員耳垢が湿っています。
また逆に、耳垢がカサカサで湿っていない人でも、耳を手術をして、見るとアポクリン腺がたくさんあるということも、しばしば目にするそうです。

 

この耳にあるアポクリン汗腺は、子供のころから既に発達していますので、ワキガかどうかは子供の頃から簡単に調べることができます。
ワキガは遺伝の影響が大きい事がわかっていますが、しかし耳垢が柔らかい体質が遺伝したからといって、思春期頃に全員がワキガ症になるとは言えません。
それはアポクリン汗腺の発達に個人差があるためです。

 

次に、耳垢の軟らかさのとワキガ体質の強さとは関係があるのか? ということですが、これは関係あると言えます。
アポクリン汗腺が発達しているということは、発汗量が多くなり、耳垢も多く湿ることになるからです。

 

また、アポクリン汗腺は1日のうちでも活動を止めることがあり、止めている時は、耳垢も乾くことになるのですが、乾くことが少なく、常時湿めっているような場合は、これもワキガ体質が強いと言えます。

わきが体質と耳垢関連エントリー