ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガは遺伝する?

ワキガは体質的に、腋の下や、陰部・乳頭・耳などにあるアポクリン汗腺が発達している人に多い症状ですが、このワキガ体質は遺伝することが確認されています。
多汗症も同様に遺伝子座が複数存在する遺伝的異質性が認められています)

 

ワキガはかなり高い確率で遺伝します。
家族にワキガの人がいる場合は、自分自身もワキガである可能性は高いといえます。
父親か母親のどちらかがワキガである場合では、子供に遺伝する可能性は約50パーセント。
両親共にワキガの場合は、約80パーセントまで確率が高くなるそうです。

 

遺伝といっても、ワキガになる体質が遺伝するという意味で、ワキガそのものが遺伝するわけではありません。
ワキガは優性遺伝(遺伝しやすいという意味)です。
私はワキガ体質ですが、両親はワキガでは無い様なので、祖父・祖母がワキガ体質だったのかもしれません。

 

ワキガ体質かどうか簡単に調べる方法があります。
ワキガ臭の元となる汗を出すアポクリン汗腺は、耳の穴の中にもあるので、耳垢がやわらかいかどうかを調べることで、ワキガ体質かどうかの目安にすることができます。

 

耳垢がベトベトするのは、アポクリン汗に含まれる脂肪や蛋白質によって湿ってやわらかくなるためです。
耳の中のアポクリン汗腺については、小さい頃から発達するので、まだワキガの症状が出ない頃でもワキガ体質かどうかわかるので、治療することが可能です。

 

もちろん、耳垢がやわらかいからといっても個人差があり、アポクリン汗腺が発達しなければ、ワキガにならないこともあります。

 

ワキガ体質が遺伝したからといっても、ワキガ臭が出始める時期には個人差があります。
子供の頃からニオイがするという人もいらっしゃいますが、多くの場合は思春期を過ぎた頃からワキガ臭がしはじめることが多いです。
また、遺伝とは関係が無いと思いますが、人前などで緊張しやすい性格の人、ストレスがたまりやすい性格の人も、アポクリン汗腺から汗をかきやすいので、ワキガ臭の人が多いそうです。

 

子供がワキガだと判ったときに、非常に心配される親御さんがいらっしゃいます。
ニオイのせいでイジメられないかとか、人付き合いがちゃんとできるかなど、「自分の遺伝子のために、子供に不憫な思いをさせてしまう」と悩んでしまうんです。
もし子供さんがワキガで悩むようなことになれば、自分の体験などから相談にのってあげてください。
ワキガは遺伝すると分かっていますから、親だからこそ心のケアをすることが出来ると思います。

ワキガは遺伝する?関連エントリー