ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ対策とサプリメント(その3)

(ワキガ対策とサプリメント(その2)からの続き)

 

ワキガ対策に有効なサプリメントはあるのでしょうか?
ここで、一般的なサプリメントの選び方のポイントについて載せておきたいと思います。

 

Bサプリメントのパッケージに成分表示はあるか?

成分は必ず表示されていると思いますが、それが全て表示されているかどうか注意が必要です。
品質にこだわり、少しでもいい商品をと、購入者の立場に立ってサプリメントを製造している企業は、必ず詳しい成分を表示してあるはずです。

 

企業にとって、公表するとマズイものは、隠されてしまいます。
サプリメントは自分の体の中に入れるものですから、製造方法や成分情報はきちんと確かめた上で、慎重に購入しましょう。
もちろん、会社の素性が分からないものや、成分表示が無いものはいくら安くても手を出してはいけません。

 

Cサプリメントに不要なものが入っていないか

上記Bと逆のパターンです。
成分表示はあるけれども、天然の栄養素以外のものが混じって、作られたサプリメントではないかどうかよくチェックしてくださいね。

 

例えば、サプリメントには、錠剤、カプセル、粉末、液体といろいろな形態がありますが、天然素材だけでは、錠剤のように固まりませんから、乳化剤やぞうねん剤が入っているのが普通です。
しかし、これらの不要成分が90%を超えて入っている製品が、平気で出回っているので注意してください。

 

Dサプリメントには酵素が大切

人間の体は、疲れている時や一定の年齢に達すると、消化能力や栄養を吸収・代謝したるする能力が衰えてきます。
そこで、サプリメントを自分で消化・吸収する力がない状態の人でも、栄養素を速やかに分解して、十分な効果が出る状態を作り出す役目をを持っているものに、酵素があります。
せっかくサプリメントを摂っても分解されずに、排泄してしまっては意味がなくなりますからね。

 

サプリメントに含まれる栄養素を100%分解・吸収し、さらに血液中に十分吸収させるために酵素を配合してるメーカーのサプリメントを選んで下さい。
また、多くのサプリメントメーカーは、効率化して大量生産をしようとするために、高温での熱処理を採用しています。
ところが、ビタミンやミネラル、酵素は、高熱を加える事で破壊されていくことがわかっているので、低温で製造されたサプリメントを選ぶようにしてください。
(ワキガ対策とサプリメント(その4)へ続く)

ワキガ対策とサプリメント(その3)関連エントリー