ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ対策とサプリメント(その1)

ワキガ対策としてサプリメントが効果的だよ、と聞くことがあるのですが、消臭サプリメントと呼ばれるものが本当に、ワキガや多汗症の方に有効なのでしょうか?

 

サプリメントが、ワキガに悩む全ての方に効くとは思っていませんが、最近は食事と同じような感覚で食べている人がいるそうなので、サプイメントについて取り上げたいと思います。

 

ワキガ対策としてのサプリメントに限らず、「サプリメント」とは一体なんでしょうか?
こんな初歩的なところから入って行きたいと思います。

 

近年、驚くほど種類が増えてきたサプリメントですが、なんだか体によさそうな感じがしますよね?
では、どういう物をサプリメントというのでしょうか?
英語では「Supplement」と書き、意味は「補給」「供給」になりますが、ここで言うサプリメントとは「食事を補う」栄養補助・補給食品のことです。

 

アメリカでは、1994年に成立した「サプリメント健康・教育法」(DSHEA)という法律で、
「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」と表現されているように「食品」と「薬」の中間的な存在としてはっきり定義されています。
そして、効果の裏付けである科学的データの提出・検査方法・臨床結果その他、詳細な情報提供が義務付けられています。

 

ところが、日本にはそのような法律も無く、単なる健康食品という位置づけなので、良い製品と悪い製品、ワキガ臭に効果のある製品とワキガ臭が消えない製品が混在しているんです。
でも、日本にこの法律が出来たところで、生命や健康といったことに対する政府や厚生労働省の取り組みは、非常に杜撰なので、製品事情はあまり変わらないと思います。

 

元々サプリメントはアメリカで、身体が健康であるために不足した栄養素を、補充する目的で作られたものなんですが、日本では医薬品に近いものとして「効果」を求める人が多いです。
日本とアメリカではこのように認識も違うのですが、最近になって日本でも保健機能食品(特定保健用食品+栄養機能食品)というカテゴリーが設けられました。

 

今後のサプリメント事情はどう変わっていくのでしょうか?
アメリカでは医療保険の制度が日本と大きく違い、ちょつと深刻な病気になると高額な医療費がかかるため、普段からも自分の健康について、常に関心を持って生活しています。

 

薬については、日本では医者に処方されたものを、何の薬か理解もせずに出されるだけ服用する習慣がまだまだ多くありますが、アメリカでは、薬剤師が大きな権限と知識をもって指導しているし、薬局も購入者にわかりやすい運営方法になっています。
アメリカではこのような考え方ですので、サプリメント市場も大きくなりましたが、日本でも将来そうなるのかどうかは何とも言えないところですね。

ワキガ対策とサプリメント(その1)関連エントリー