ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ対策〜石けん

ワキガ対策はいろいろありますが、「手術によってワキガ臭の原因である汗腺を取除く方法」以外で、ワキガにある程度効果が見込めるのが、「皮膚を清潔に保つ」ということになろうかと思います。

 

香水やフレグランスを使えば、ワキガのニオイは大丈夫だと考えるのは、安易過ぎるので止めた方がいいと思います。
香水やフレグランスの香りで、100人が100人とも、イイ匂いだと感じてくれればいいですが、それは難しいことで、ワキガが強いとなおさら逆に悪臭に変化する場合があるからです。

 

ワキガはアポクリン汗腺などからの分泌物と皮膚の細菌が混じりあって起こるわけですから、分泌物を取り除くか、細菌を除去すればワキガ臭が発生することはないと思われます。
ですから、軽いワキガであれば、ワキの下の汗を小まめに拭きとって清潔にすることで、かなりニオイが抑えられます。

 

さらに、最近は体臭予防やワキガ対策用の石けん類が多く開発されていて、効果もあるようですので、使用される方が多くなっています。
ワキの下を清潔に保つには入浴が一番ですから、その際に使う石鹸にも工夫すれば効果はより高まるでしょう。

 

ワキガのニオイが発生する細菌が皮膚についても、ニオイを発するまでには少なくとも2〜3時間はかかるので、シャワーを浴びることができれば、ワキガのニオイを抑えることができます。
そして、シャワーを浴びる時に、ワキの下を薬用石鹸か逆性石鹸で洗うとワキガ臭対策が、より効果的になります。

 

石けんの使い方としては、まずは通常の石鹸で脂汚れを落としてください(逆性石鹸は殺菌力はありますが洗浄力はほぼないのです)。
そのうえで逆性石鹸で、石鹸の泡を1分間ほど付け置きして、その後1分間シャワーをあてて流します。

 

逆性石鹸は皮膚を弱酸性に保ちます。
弱酸性は殺菌作用があり、ワキガのある人は皮膚をこの状態に保つことで、細菌の繁殖を防いでくれますからワキガ対策にはおススメの石鹸なんです。

 

現在、ワキガ予防、体臭予防として、それぞれ特徴のある石鹸が各種出ています。
トルマリン石鹸ミョウバン石鹸、マシュウソープ、炭石鹸、シルバーソープなど)
一度、試されてはいかがですか?
1日1回、殺菌効果のある石鹸で体を丹念に洗い、清潔を保ちましょう。

ワキガ対策〜石けん関連エントリー