ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ対策〜塗り薬

ワキガ対策治療薬としては塗り薬と飲み薬がありますが、形成外科や皮膚科などに行けば、症状にあった薬を処方してもらえますので、指示に従ってその薬を使うことになります。

 

最近は、ドラッグストアーなどに行くとデオドラント製品がよく目に付きますが、市販されているワキガの塗り薬の種類も増えてきています。

 

市販されているもので、ワキガの消臭効果をそこそこ期待するのであれば、医薬品として販売されている塗り薬を利用したほうが良いでしょう。

 

クリームタイプのものが多いようで、1日に1回から数回塗りこみます。
効果は、人によって多少の違いがありますが、中には1週間ほど効果が持続するタイプもあるようです。
時間の経過とともにワキガ治療薬の効果は薄れてしまいますが、わきの下を清潔に保ちながら利用すると効果的です。

 

ワキガ臭が重症でないというかたは、ワキガ対策としてワキガの塗り薬の使用を考えてみてください。
なお、市販のデオドラント製品は、使いすぎると湿疹やかぶれなどを起こす危険性がありますから注意して下さいね。

 

治療薬は効果的ではありますが、塗り薬や飲み薬だけで治るわけではありません。
結論をいえば、汗腺が活動している限り、多汗症もワキガのニオイもおさえられないのです。
ワキガを完全に断ち切るのは外科的な手術しかありません。
しかし、傷跡がキレイになるのか心配、手術するほど日常生活に困っていない、夏場だけ臭いが…という場合は、塗り薬やデオドラント効果のある製品を使用することになります。

 

大事なことは、ワキガ対策の基本中の基本である肌を清潔に保つということです。
さらに、食生活に気をつけたり、ストレスを溜めないようにするなど、ベースを整えつつ塗り薬を使うようにしましょう。
それが、塗り薬によるワキガ対策で、最大限の効果をだすコツです。

 

また、医薬部外品ですが、多汗症やワキガに効果があって、評判の良い塗り薬があります。
オドレミンといいますが、ワキガや手のひらの多汗症の治療に効果のある、無臭性の制汗剤です。
オドレミンの主な成分は、塩化アルミニウム、グリセリン、水などで、多汗症の汗や、嫌な臭いを抑える働きがあり、無臭なので女性の方は他の化粧品の香りを損なうことがありませし、男性にもおすすめです。

 

使い方としては、外出前や、入浴後等の清潔な肌に、わきの下、耳のうしろ、手のひらや足など、汗のかきやすい部分、臭いやすい箇所に適量塗って使用するというものです。
オドレミンを塗って渇いた後であれば、洗い流しても効果は持続し、食べ物を触っても安心とのこと。
多汗症の気になる大量の汗もオドレミンなら塗るだけで軽減できます。

ワキガ対策〜塗り薬関連エントリー