ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ対策〜脱毛

体毛が毛深い、また多いということは、毛の根元にあるアポクリン汗腺の数も多いということになるためワキガ体質の人が多いです。
また、毛深いと、どうしても皮脂や汗などの分泌物が毛の根元に付着しやすくなるので、細菌の温床となり、臭いが強くなります。

 

では、ワキガ対策として、ワキガの臭いの原因となる雑菌が、腋毛がなくなる事で、ワキガの臭いが軽減されるでしょうか?

 

アポクリン汗腺から分泌する汗そのものには、ニオイがありませんが、わきが臭の原因となる雑菌と、混じることでニオイが出ます。
そしてこの雑菌は、腋毛が生えている毛穴部分に多くいます。
脱毛によって腋毛がなくなってまうと、細菌が付着する部分が減るため、わきが臭を抑えられるのです。

 

さらに、腋毛がなくなれば脇を清潔に保てるという効果もあり、ワキガ対策のひとつの方法ともいえます。
ただ、気になるのが、脱毛をしたら返って、ワキガの臭いが強くなったという人もいるのです。

 

これに対する専門のクリニックの話ですと、
「腋の雑菌は皮膚の上に満遍なく棲みついているのではなく、腋毛が毛穴に付着する部分に多く住んでいるのです。 細菌にとっては、アポクリン腺が分泌する皮脂やタンパク質は絶好の餌であり、それらが分泌される部分に棲みつくのは当然です。」
「ところが脱毛によって毛がなくなると、細菌が付着する表面積が著しく減少し、相対的に分泌物が通るアポクリン腺の導管の出口が狭まるために細菌の繁殖が抑えられるのです。」
「ですから、理論的には、本来脱毛はワキガ臭を減少するのです。」

 

とおっしゃっていますが、脱毛をしたら返って、臭いが強くなるという理由は、現在まで明らかになっていません。
一人ひとり別な、他の理由で、臭いが強くなっているように思うのですが・・・。

 

もうひとつ、気になることがあります。
脱毛したとしてもワキガ臭は完全にはなくならないということです。
ワキガの原因となるアポクリン汗腺や皮脂腺まで、取除いているわけではなく、根本的な治療とは違うので、ワキガの強烈なニオイは100%取り除くことはできないということだけ理解しておいてください。
ワキ毛の脱毛は、あくまでも、ニオイを抑える程度にしかなりません。

 

脱毛方法として、多く採用されているものに、レーザーの熱を利用して脱毛する「レーザー脱毛法」と電気を流して毛を作る細胞を焼く「電気針脱毛法(永久脱毛)」があります。
痛みに個人差はありますが、医院によっては局所麻酔を行ってくれる所があるそうです。

 

ワキガを100%完全完治するためには、手術で汗の腺・臭いの腺・毛根のすべてを完全に取りさらなければならないようです。

ワキガ対策〜脱毛関連エントリー