ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症とワキガ、汗かきの違い

多汗症は、よく言われる「汗かき」とは少し違います。
汗かきというのは、普通の人より多く汗をかくということで、運動をした時などの体温調節が必要な時に、たくさん汗をかくことが汗かきです。
汗かきの人は「生理的多汗」であって多汗症ではありません。

 

多汗症というのは、運動することもなく、暑くもないのに、エクリン腺から出る汗が過剰に放出される症状を言います。
多汗症は汗を多量にかきますが、ニオイがあまりないのが特長です。

 

また、多汗症はワキガとも違います。
ワキガと多汗症ではその原因となる汗腺が違い、ワキガの原因となるのはアポクリン汗腺で、多汗症はエクリン汗腺といわれています。
この2つの汗腺はまったく別のものなんです。

 

ワキガは、わきの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺から、分泌した汗がの一細菌などに汚染されて、わきの下から独特の不快なニオイを発生する症状の事ですから多汗症とは異なるものです。

 

ただ、単なる多汗症だけであれば,ニオイを発することはあまりないのですが、多汗症は皮膚の雑菌と汗が混ざりやすくなっているため、「わきが多汗症」となってしまう場合があるのです。

 

多汗症は大きく、「わきがタイプ」と「精神性発汗型」の2つに分かれます。
ワキガ型の多汗症は、ニオイと汗の両方が気になる場合や、ニオイはさほど気にならないけど、汗がとにかく出たりします。

 

わきが多汗症の症状として、ワキの下から汗が流れたり、下着や洋服のわき部分の黄ばみや汗染みが気になる場合があります。
特にワキの下は、身体と腕が閉じた状態が多く、汗をかきやすい場所の一つですね。
ワキガと多汗症は同じものではなく、多汗症の人がすべて臭いが強いということではありません。

 

一番怖いのは、何れの症状であったとしても、これらの症状を重い負担に感じて、悩み苦しんでしまわないかということです。
ワキや手のひら、足の裏などの汗によって体臭が強くなれば、人と近くで接することができなくなったり、人と握手したり、靴を脱がないといけない場面では神経質になったりするでしょう。
そして、苦痛に感じ、引っ込み思案になったりしては、無視することのできない大きな問題で、時には自己臭恐怖症に陥る可能性があるわけです。

多汗症とワキガ、汗かきの違い関連エントリー