ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ニオイ(わきが)に敏感な日本人!

わきが人口について日本人と欧米人を比べてみましょう。
欧米人の約8割がワキガの体質を持っているのに対して、日本人は1割未満と少ないのです。
また人種別では、一般的に黒人がなんと90%以上で、欧米人が70〜80%、日本人が5〜10%、中国人3〜5%となっています。

 

これから判ることは、日本人や中国人の場合、わきが体質ではないひとが多く、臭いに慣れていないため、わきがに敏感になっているのです。
日常的なこととして体臭を気にしない西洋人にくらべ、体臭に慣れていない日本人にとって、ワキガはいっそう気になる臭いなのです。
逆に、ワキガ体質者は周りに少ないので、目立ってしまい、どうして自分だけ臭うのかと悩んでしまうのでしょうね。

 

また、東洋人にワキガ体質が少ないという結果が出てますが、食べ物の違いによるところが大きいとされています。
肉食中心で高カロリー、高脂肪食の食生活であるほどワキガ体質の人の割合が多いようです。

 

元来、歴史的にみてみると欧米人は狩猟民族です。
一方、日本人を含めた東洋人は農耕民族になります。
狩猟民族である欧米人は、動物性のタンパク質や脂肪分を多く摂り、農耕民族である日本人は農作物からタンパク質や脂肪分を摂っていました。

 

このような歴史的な背景から長年かけて体質の違いが確立され、ワキガのように体臭にも影響を与えることになったと考えられいます。

 

しかし、最近では日本人の食生活が乱れて欧米人と同じような食生活に変化してきたため、ワキガ体質も増加してきている傾向があります。
ある調査によると、ワキガ体質者は全国で500万人、そのうち強い体質者が200万人を超すといわれています。

ニオイ(わきが)に敏感な日本人!関連エントリー