ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガと体臭の違い

ワキガの臭いと汗のにおいは別物です。
単に汗臭いだけならワキガとは言わないです。
「ワキガ」と「体臭・汗臭い」の違いを知るためには、その臭いを抑えることが可能かどうかを知ることが必要です。

 

人間の体は、全身から臭いを発生させますよね?
息や髪、汗、おならなどですが、にんにくを食べたとか、お風呂に長期間入らなかったなど、普通は臭いの原因を自分で知っています。

 

汗臭い体臭は、一時的なものなので、お風呂やシャワーで汗を流して清潔にすることで、消すことができます。
頭がニオウのなら頻繁な洗髪で解決できるでしょうし、口の臭いが気になるのなら、丁寧な歯磨きをするとか、簡単な治療を受ければ臭いを抑えることができます。

 

また、体臭というのは、人によって個人差のある臭いのことで、同一人でも健康状態によって日ごとに臭いが変化します。
例えば、女性の場合だとホルモンのバランスによって体臭が変化することがありますし、乳製品や油分の多い食事をとれば、アポクリン腺中の脂肪量が増えるために、ニオイが強くなりやすいです。

 

ところが、体臭の中でも、その人だけが発する特別の臭いがあります。
これの発生場所がわきの下なので、その臭いを「わきが(腋臭)」と呼ぶのですが、わきがを完全に解消しようとすると専門医の診断を受け、根が深いと判断された場合は、手術を受けなければ臭いをとることができない場合があります。
(適切ないくつかのワキガ対策を講じれば、ある程度のニオイは抑えることも可能です)

 

ワキガは病気扱いされないので、正しい知識を得るのが難しく誤解が生まれがちです。
多くの人は誤った知識によって、不潔だからワキガになると考えているようですが、いつも清潔にしていたとしてもわきがをなくすことはできないのです。

ワキガと体臭の違い関連エントリー