ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガというのは?

ワキガとは、わきの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺(汗腺のことで、わきの下など特定の部位にしか存在しないものです。これが多いとワキガ体質となります。)から分泌した汗の一種が細菌などに汚染されて、わきの下から独特の不快なニオイを発生する症状の事です。

 

わきがとは、医学的にいうと「臭汗症」あるいは「腋臭症」と呼ばれます。

 

わきの下には、エクリン腺とアポクリン腺、皮脂腺という分泌腺があって、ワキガの臭いはこの腋の下のアポクリン腺から出た粘り気のある汗に含まれている脂肪酸(細菌の餌となる脂肪やたんぱく質がたくさん含まれています)が皮膚表面の常在菌が混じり合って発生するのです。

 

わきの下に汗をかくと細菌がどんどん活発になり、甘酸っぱいような体臭(ワクガ)を発するようになるのです。
アポクリン腺が活動しはじめるのは、ホルモンの分泌が活発になる「思春期」のころからで、この頃にワキガの症状が現れる方が多いようですね。

 

一方エクリン腺は足の裏に多い汗腺ですが、エクリン腺出た汗はサラッとしていてニオイもないです。
でも、ニオイはないのですが、大量に汗をかいた時などは、どうしても細菌の数も多くなりますから、やっぱり臭いが強くなります。

 

エクリン腺が弱酸性からアルカリ性へと変化することによって繁殖する細菌と、大量にかいた汗によって汚れた皮膚の表面は、汗は分解され、酸化し、その時に発生する脂肪酸などの臭いが、汗臭い体臭のもとになります。
それとともにアポクリン腺からでた汗や皮脂を溶かす作用があり、さらに臭いを出す原因にもなっています。

 

わきが体質といっても人によって程度に差があって、治療に訪れる人も様ざまです。
部屋に入ってくるなりワキガとわかる強烈なにおいを発する本当のわきが体質の人もいれば、本人から言われて初めて気づく程度の人、中には鼻を脇の下に近づけても、全然臭わない人(本人だけが臭うと感じている自己臭恐怖症の人)も治療のために病院を訪れるそうです。

ワキガというのは?関連エントリー