ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症へのタバコの影響

多汗症の原因を考えた時に、多汗症状に悩む方が喫煙家である場合は、タバコの影響があるかもしれません。

 

多汗症について」「多汗症の原因」のところで精神的な多汗症が多いとお伝えしましたが、中枢神経系の異常による場合も考えられるので、タバコが影響していることもあるのです。

 

タバコにニコチンが含まれていることはご存知でしょうが、これは一種の中枢神経興奮剤です。
タバコを吸うことによってニコチンが体内に入り、交感神経を刺激するのです。
そして交感神経は汗腺の働きを活発にするために汗が出やすくなるという訳です。

 

タバコのニコチン以外ではカフェインも交感神経を刺激するために、コーヒーや紅茶も発汗を促してしまうようで、特に手掌多汗症に影響するという説があります。

 

もし、あなたが多汗症で嗜好品としてタバコを常用しているなら、いっそうのこと禁煙されてはいかがでしょうか?
多汗症においてもタバコの害があると思われますし、またガンの発症リスクを高めるだけでなく様々な病気の元となるものですから健康のために注意してください。

 

話は少しそれるかもしれませんが、タバコはアルコールと共に2大悪臭源でもあります。
周りの方々から多汗・ワキガの臭いに加えてタバコ臭い人だと思われているとしたら、すごく損をしていると思います。

 

アルコールには体臭軽減作用が少しあるのでマシですが、タバコは体臭を増やしてしまうだけです。
タバコの臭いにはアセトアルデヒド、アンモニア、硫化水素といった、口臭原因となる物質が関係しているので、極めて強い悪臭を放つのです。

 

そしてタバコ臭体質を治す(消す)最適・最速の方法は禁煙しかありません。

 

マメ知識として、緑茶に含まれる「ビタミンC」「フラボノイド」は抗酸化作用があるので、喫煙後に緑茶を飲むとアセトアルデヒドに対抗して臭いを軽減することができますが・・・。

 

いろいろなご意見はあると思いますが、タバコ、コーヒーの過剰摂取は絶対に控えた方がよろしいかと思います。

多汗症へのタバコの影響関連エントリー