ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

発汗しやすくなる食べ物

前回、多汗症対策の関連知識として「発汗を抑える食べ物」をお伝えしましたが、今回は発汗しやすいために食べるのを控えたい食べ物についてご紹介したいと思います。

 

多汗症の人でなくても熱いものや辛いもの、刺激物を食べると汗をかきやすくなりますよね。
それが異常なほど汗をかくような方は味覚性多汗症ということになるので、食生活の見直しをすることが必要でしょう。

 

汗をかくというのは交感神経の働きによるものなので、多汗症は交感神経が働きすぎるために起こります。
ですから交感神経をさらに活発にする辛いもの、刺激の強い食品は出来るだけ避けるようにします。

 

刺激の強い料理としてはタイ料理やエスニック料理、韓国料理などが連想されますが、カレーといった香辛料の効いたもの、熱すぎる食べ物、冷たすぎるもの、固すぎるもののほかコーヒーや酒類も刺激の強いです。
たまねぎ、にら、にんにくなども良くなくて、特に香辛料の強い食事は多汗症を誘発する原因とも言われています。

 

また、辛いものだけでなく、酸っぱすぎたり、甘すぎる食べ物も味覚性多汗症の症状が出やすいです。
酸っぱすぎるものとしてはレモンやミカンといった柑橘系、甘いものとしてはあん菓子、ケーキ、アイスクリームがあります。
チョコレートにもコーヒーと同じようにカフェイン成分あるために、興奮しやすく汗腺を刺激するので多汗症には避けた方が良い食品に入ります。

 

また、肉類、チーズ・バターなどの乳製品は動物性脂肪分が多く、食べ過ぎに気を付けてください。
お肉が好きな方は多いので、これを控えるなんて無理と言われそうですが、肉類は体温が上がり発汗作用も活発になるため、毎日好んで食べていると多汗症状は改善されにくくなります。
それに動物性脂肪の汗は体臭がきつくなるので汗とともに体臭も気にしないといけなくなります。

 

個人的には魚中心の食生活が理想だと思っています。
魚は成人病・生活習慣病等の様々な病気の予防や治療に役立ち、メタボ対策にも良いです。
特に青魚には飽和脂肪酸(DHA、EPA)が多く含まれ、血液中のコレステロールや中性脂肪が減少して、血液がサラサラになるので動脈硬化や心臓病、がん予防に繋がるのです。

 

以上のように多汗症対策のために控えるべき食べ物をいろいろとあげましたが、誤解のないように言いますと、これを食べてはいけないと言っているのではなく、自分で発汗しやすい食べ物が判った時は気を付けてほしいということです。
食べたいのに食べないで我慢すると逆にストレスがたまり、多汗症対策も逆効果となりかねません。
要は何でも食べ過ぎは良くないってことです。

発汗しやすくなる食べ物関連エントリー