ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

発汗を抑える食べ物

多汗症対策の関連知識として発汗を抑えてくれる食べ物を知っておくことも大事だと思います。
汗をかいても気にすることの必要がない家での食事は食べたいものを食べれば良いと思いますが、外出先のお食事会などで発汗が止まらなくなるのは大変困りますよね。

 

香辛料の効いた外国料理やカレーなどの刺激の強い食べ物を食べると汗をかきやすくなるので、多汗症にはなるべく控えたいものです。
また、「多汗症と自律神経失調症」でふれましたが、交感神経に異常があるかもしれないときは、自律神経系を整える食事を意識して取るのがよいでしょう。

 

私たちは食べることによって栄養とエネルギーを得るわけですが、食べ物を消化して吸収する過程で熱が発生するため身体が温まり汗が出たりします。
ここでは発汗抑制作用に効果がある食べ物をご紹介しますので参考にしてください。

 

まずはイソフラボンです。
多汗症対策 食生活A」にあるように大豆などの豆類に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分である「植物性エストロゲン」を含んでいるため、発汗を抑えまた汗をサラサラにする作用があるのです。

 

大豆というと豆腐、納豆がすぐ思い浮かび、大豆の五目煮や炒め物、大豆サラダ、大豆ハンバーグなど、すごくお料理の幅が広いので毎日でも食べられますよね。
味噌汁も大豆料理ですし、苦手でなければ牛乳を豆乳に変えてみるというの多汗症対策になります。

 

その他に「山芋」「大葉」「もやし」「アボカド」なども植物性エストロゲンを含み、副交感神経に作用してリラックスさせてくれるでしょう。
アボカドは 「森のバター」とも呼ばれ食物繊維が大量にあります。
独特のエグみを上手にお料理すれば栄養満点ですから特に女性にはオススメですね。

 

また、クールベジタブルと呼ばれる体を冷やす野菜も良いでしょう。
キュウリ、トマト、ナス、ゴーヤなどがあり、これらの野菜にはカリウムが多く含まれているので体内の余分な熱を逃がし、発汗を抑えることができます。

 

それから、炭水化物は汗をかきにくいと言われます。
多汗症の人は肉類など脂肪の摂りすぎに注意したいので、パンや麺類で補うようにしてはいかがでしょうか?
あとはハーブティーを飲むのもいいですね。
ベンダー、ローズ、ジャスミンといったハーブは副交感神経に作用して気持ちを落ち着かせてくれるので、多汗症対策に効果的です。

発汗を抑える食べ物関連エントリー