ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症とセルフケア

多汗症に悩む方はたくさんいらっしゃいますが、多汗症を治すために皮膚科や心療内科等の病院に行かなければダメかというと、必ずしもそんなことはありません。
セルフケアすることで手軽に多汗症対策をすることもできます。

 

多汗症では、汗をかくことで体臭にも悩んでいるということが考えられます。
人間は汗をかかずに生きてはいけない動物なので、汗と上手に付き合う方法も知っておくことが大切でしょう。

 

汗にも良い汗と悪い汗があります。
良い汗というのは体温調節のためにエクリン汗腺から出る汗で、これは肌を弱酸性にし、雑菌の繁殖を抑えくれる役目があり、臭いもほとんどありません。

 

一方、悪い汗というのは運動不足やエアコン環境に慣れている人などが出やすい汗で、純粋な水分、ミネラル分を放出してしまうベトついた汗です。
こちらは肌がアルカリ性になっているので雑菌の繁殖により体臭も強くなります。

 

体臭が気にならない汗を出すセルフケア方法はいくつかあります。
ゆったりと入浴する、食事に気を付ける適度な運動をする、ストレスを溜めないなどです。

 

多汗症の方のセルフケアとして、ゆったりと入浴することを心がけてほしいですね。
あなたは毎日、湯船に浸かることなくシャワーだけで済ましていませんか?
シャワーだけでは良い汗をかくことができません。

 

全身浴や半身浴でゆったりと入浴する、または膝下と肘から先だけを熱めのお湯につける高温手足浴などにより、身体の芯から温めることでリラックスすることができ、自律神経の働きを高め、汗腺機能を正常にすることができるのです。

 

芯から温まった時に出る汗はしばらくの間とまらないかもしれませんが、これは多汗症の汗とは異質の良い汗です。
汗をかいてもエアコンの風に当たるなどして止めるのではなく、入浴効果を失わないように自然と汗がひくのを待ちます。

 

良い汗をかくような体質作りができれば、体臭に対するコンプレックスが薄れると思いますから、それに伴って多汗症である精神的発汗も徐々に少なくなってくると思いますよ。
また、汗をかいた時は適切な水分補給も行ってください。
適度な水分摂取は多汗症対策にもなりますからね。

多汗症とセルフケア関連エントリー