ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ・多汗症Q&A そのA

Q. ワキガ多汗症は治療によって本当に治りますか?

 

A. ワキガ、多汗症の程度は人によって、ニオイや汗の量の感じ方が違います。
ほとんどワキガのニオイがしない人でも、ひどく気にする人がいますから、どの程度を治ったと思うかは、人それぞれの判断になります。

 

少なくとも通常のワキガ臭、多汗症レベル以下に抑えることができるのかどうかですが、これは十分治せることができます。

 

ワキガの強い臭いや多汗症を解決できなければ治療(手術)する意味がありません。
ただし治療(手術)方法によっては、ワキガ臭の元であるアポクリン汗腺や、エクリン腺を残してしまいますから、その人の症状にあった治療方法を選択することになります。

 

 

Q. シャワーをよく浴び、汗が出てもすぐに拭いて清潔にしているのに汗が増えてくるのはどうしてでしょう?

 

A. あなたが精神性発汗によって汗をかく体質ならば、1日に何回もシャワーを浴びたり、ハンカチで拭いたりすることは、逆に発汗を増やしてしまうかもしれません。

 

精神性発汗が過ぎると多汗症ということになりますが、1日数回のシャワーやハンカチは、あなたにとって体を洗ったり、汗を拭くという本来の役割ではなくて、汗を止めるという目的に変わっているからです。

 

多汗症は汗かきとは別物ですから、汗を止めようとすればするほど逆に出てしまいます。
お風呂で汗を流すことは、皮膚に付いたホコリや雑菌などを取り除き、雑菌からの腐敗臭を予防し皮膚を健康に保つために必要なことです。

 

しかし、いきすぎたシャワーは良くありません。
精神性発汗や多汗症でなければ、一時的なもので心配ないと思われますが、そうであるならば専門の病院・クリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

Q. ワキガの場合、手術や注射以外で自分で出来る対処法はないでしょうか?

 

A. 当サイトでもご紹介していますのが、様々あり参考にしてください。
食事療法デオドラントの使用、わきがクリームサプリメント香水など各種体臭グッズがあります。

 

ただし、根本的にワキガ体質が無くなるわけではないので、長期間継続していかなければなりません。
たとえば、食事療法では動物性たんぱく質や脂肪の摂取を控えるということになりますが、今までこれらが大好きだった人には、食生活を変えるというのは実際には難しいのではないでしょうか?

 

確実性の高い手術をすることが出来ない場合は、仕方がありませんから、これらの対処法を試みることになりますね。
がんばって、ワキガ臭を解消しましょう!

ワキガ・多汗症Q&A そのA関連エントリー