ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガ・多汗症Q&A その@

Q. 私は多汗症なのでしょうか? 汗かきななのでできるだけ、水分を取らないようにしていますが、他に方法はあるでしょうか?

 

A. あなたが精神性発汗によって汗をかく体質ならば、1日に飲む水の量を減らしても汗の量は減らないでしょう。

 

精神性発刊というのは、体温調節のためではなく、ストレス・緊張・不安といった精神的・心理的な問題が原因となって、自律神経のうち交感神経が活発になることから多くの汗が分泌される病気のことです。

 

「冷や汗」とか「手に汗を握る」とは精神性発刊にあたり、誰でも経験することなので問題はないのですが、これが過剰な場合が多汗症と言われます。

 

あなたが、単なる汗かきであるならば、水分摂取を制限すれば多少は減ると思いますが、汗をかくのが嫌で、夏の暑いときに水分を取らずにいると、熱射病等の原因となり危険ですから、適度の塩分を含んだ水分を補給するようにしてください。

 

また、正常な健康状態で大量の水を飲んでも、それは汗より尿として排出されるため、生理的な汗もそれほど増えません。
一概に多汗症かどうかは判断できませんが、専門の病院・クリニックを訪ねてみたらどうでしょうか。

 

 

Q. ワキの下の汗が多く、ずっと汗取りパットをしていますが、パット自体が気分が悪いので他によい方法はないでしょうか?

 

A. 多汗症やワキガは手術をすれば、かなりのところまで改善します。
シャツのワキの下部分が黄ばみが出来ていたり、臭ったりする場合は、ワキガの可能性が高いですから、手術でなければ完治しません。

 

ワキガ・多汗症手術が嫌であれば、制汗剤や日頃からこまめに着替えて清潔にするなどの方法か、やはり汗脇パットくらいしか無い様に思います。
最近ではいろいろなタイプの汗取りパットが販売されていますので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょう。

 

長時間使用して気分が悪くなるのであれば、取り外しが簡単なものもありますので、ワキに一日中するのではなく、一日何時間とか、汗をかきそうな場面だけにする、というような使い方もできます。

ワキガ・多汗症Q&A その@関連エントリー