ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ワキガと耳アカの関係

ワキガ臭はワキからするものだと思い込んでいる方には、耳アカとワキガがどう関係あるのか不思議に思われるかもしれません。
昔から、ワキガ体質であるかどうかを知るわかりやすい方法として、耳アカで区別する方法が用いられているんです。

 

あの独特のワキガ臭は、アポクリン汗腺から分泌される脂肪成分や鉄分、色素などを含んだ汗が、ワキの下の皮膚の表面にある細菌と混じり合って、腐敗することによりワキガ臭を発生させています。

 

そして、耳の外耳道はワキの下と同じように、アポクリン腺が残存している特定部分のひとつですから、ワキの下にも多くのアポクリン腺があることが予想されるので、あながちデタラメな判定法ではありません。

 

お風呂上りではなく、普通のときに綿棒で耳かきしてみましょう。
耳アカが湿って、キャラメルような状態になっていないでしょうか?
ワキガのある人は、腋窩の多汗とともに、ほとんどの場合耳アカが軟らかく、湿っているという特徴をもっていて、耳アカが粘々した湿っぽい場合には、90%程度の確率でワキガであると言われています。

 

さらにワキガの判定方法として、単に耳アカが湿っているかどうかだけではなく、外耳道に毛がどの程度多いかということも問題になります。
外耳道は、汗だけで湿っているとは限らないからで、鼻と同じようにいろいろな原因で湿っぽくなることがあります。

 

一方、アポクリン汗腺は、必ず毛穴に開口して有るので、その湿った軟らかい耳アカが、本当にアポクリン汗腺によるものかどうか、その部分に毛がどの程度あるかということによって、より正確に自己診断できるということになります。

 

ワキガの多い欧米人の耳アカは、外耳道にアポクリン腺が多いためやはり湿っています。 
ですから欧米人が耳の掃除をするときには綿棒を使うということです。
ワキガの少ない日本人が使う耳かきは、耳アカの乾燥している人向けなんですね。

 

ワキガと耳アカの関係関連エントリー