ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

衣類のわきシミが気になりますか?

ワキガ多汗症の人でなくても、夏は汗をかきやすいので、汗対策をしている方も多くなりますが、夏の暑い時期などにシャツのワキ部分に汗で黄色いシミができたりしませんか?

 

シャツが白色だと、この黄色いシミは目立ちますから、気になって白いシャツは着られないと悩む方も多いのではないでしょうか。
白い下着などを繰り返し着ているとワキの部分が黄ばむ場合には、ワキガである可能性が高いといえます。

 

シミが黄色くなるのは、アポクリン汗腺からの分泌液に脂肪やタンパク質、鉄分、色素などが多く含まれているためで、アポクリン汗腺の分泌量がワキガでない人より多いのが原因だと思います。
普通のエクリン汗腺からの汗ならば、主成分が水と塩分ですから無色透明で、黄シミになることもありません。

 

汗をかいたままの洋服をそのままほうっておかない人であれば、そうそう黄染みも出来にくいのではと思いますが、強いワキガ症であれば洗濯も追いつかない状態になります。

 

衣類が少し黄色くなるだけなら気にならない人もいると思いますが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、脂肪成分や鉄分、色素などを含みまますので、これが、ワキの下に潜む細菌の餌になり腐敗してワキガ臭を発生させますと、我慢しがたいことになるわけです。

 

つまり、黄色いシミができるということは、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が人より多いか、あるいは汗腺は少ないが活発であると考えられます。

 

しかし、問題が汗のシミだけならば、ワキにはさんで汗を吸収してくれるワキパットなどで、対応してみてはどうでしょうか?

 

ワキガ臭がしないのに、黄シミができるという人の中に、デオドラントを使用している方がいるのですが、デオドラントが黄色い汗シミを作る原因になっていることがありますので、一旦使用を中止して、様子を見てみてください。
黄シミが少し出来ると言っても、ワキガ臭が自分であまり気にならないという人ならば、特に不安になることはないと思います。

衣類のわきシミが気になりますか?関連エントリー