ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

においの原因

ワキにはエクリン腺とアポクリン腺、皮脂腺という3つの汗腺があります。

 

このうち汗が出るのは、アポクリン腺から分泌されるものとエクリン腺から分泌されるものの2種類があります。
ワキガのイヤなニオイを発する原因は、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗が、直接的なワキガの原因です。

 

しかし、アポクリン腺の分泌物は、アポクリン腺の中にある間は無臭なんです。
アポクリン腺からの汗でも、出たばかりの状態では、ワキガ独特のニオイを発することがありません。
それでは、あの独特なワキガ臭の成分はなんなのでしょうか?

 

アポクリン汗が皮膚上に分泌されて、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざります。
混ざった汗は、雑菌によって分解されて、酸化されて、低級脂肪酸や各種タンパク質、糖質、ピルビン酸、鉄分、アンモニア、色素リポフスチン、各種の脂質など実に多彩に変化します。
これらの物質に変化することでワキガ臭が発生するのです。
細菌によって、ワキガのニオイが生まれるわけです。

 

また、ワキ毛がアポクリン汗をトラップして、臭いを発散させる役割を果たしています。
ワキガ臭の強い人はアポクリン腺からの分泌量が多く、皮脂腺も発達していて、わき毛も相対的に多くなります。

 

臭いの発散装置であるワキ毛を剃れば、ワキガ臭はなくなりそうですが、それでは不十分で、ワキガの根本原因であるアポクリン腺をすべて取り除けば、ワキガは完全に治ります。

 

アポクリン腺はワキの下だけでなく、陰部や乳頭、耳など限られたところにあります。
またアポクリン腺は大きくなることもあり、さらにニワキガ臭がきつくなります。

 

一方、エクリン腺からでる汗は体温調節のためにかく汗です。
その成分はほとんどが水分で、微量の塩分を含みます。
アポクリン腺は、体内から取除いても影響はありませんが、エクリン腺は人間の生命維持に重要な役割をもっています。

 

エクリン線から出た汗そのものにはサラッとしていて臭いもありませんが、大量に汗をかいた場合は、細菌の繁殖につながりニオイが強くなりますから、運動などで汗をかいたあとは、すぐに清潔にしたいものです。

においの原因関連エントリー