ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

ニオイとの付き合い方

人にはいろいろな性格・人格があって人の見る目も違うように、ニオイもまた人によって良い匂い、不快な臭いという感じ方の違いがあるので、本来ニオイというもの自体、快・不快という区分はできないのではないでしょうか?

 

ですからニオイは明確に分類できるというものではないし、人種や生活環境、性格やその時の健康状態によってもにおいの感じ方が違ってくるので、ワキガや体臭、口臭で現在悩んでいる方も、自分の主観だけで悩んでしまうことは、まったくないということです。

 

私たちは生き物であり、人間であるので、完全無臭になることは不可能なんですよね。
足や髪のニオイ、息のニオイおいなど何らかのにおいは持っています。
自分の体臭やワキガについて悩む前に、先ずは自分のにおいレベルを知ることから始めてみましょう。

 

自分自身の症状を客観的に捉えることが大切で、これが出来れば案外悩む必要がないことが発見できるかもです。
ワキガ体質の人の中には症状が似ているケースがよくあるので、自分がどの程度のワキガに位置するかチェックができるとおもいます。

 

話が変わるのですが、
最近の広告、宣伝を見ていると、臭いを他の香りで隠すのではなく、臭いを無臭にするための商品が増えているような気がしませんか?
嫌なニオイそのものを消してしまおうとする無臭傾向が強くなっているのです。

 

そして、部屋や車のタバコやカビ臭、ペットの臭い、玄関の臭い、トイレの便臭などがなくなった、と、したらどう思いますか?

 

これは、これで良い事なのですが、今度は自分自身のニオイが、気になってきてしまいます。
人間の嗅覚は犬みたいに鋭いものではないので、自分のワキガや体臭・口臭には気付きにくく、家族に言われてはじめて気付くといった場合が多かったのです。
ですから周りが無臭なだけに自分のにおいに敏感になり、必要以上に不安感をもってしまうケースが目立ってきたような気がします。

 

もう深刻にワキガに悩むことは止めましょう! リラックスして、気分よく毎日を過ごしましょう! 
そうなるために、必要となる情報を出来るだけお伝えしたいと思います。
このサイトとよろしくお付き合い願います。

ニオイが嫌だと感じるメカニズムを知る

ワキガで悩む前に、人間がにおいを感じるメカニズムを知っておきましょう。

 

人間の嗅覚は生活環境や経験、その時の感じ方、体調で大きく変化していくんですよ。
ニオイの感度については結構いい加減な部分もあったりします。

 

突然に臭う新しいニオイは低濃度でも敏感に感じますが、逆に同じ「ニオイ」をしばらくかいでいると臭わなくなることは、誰でも体験したことがありますよね。
つまり慣れてくるということです。

 

ニオイに対する感度は、25〜34歳の年齢層が最も敏感(特に未婚の女性)で、年齢とともに低下して、60歳を過ぎると著しく低下するそうです。

 

ニオイというのは、人間が鼻から空気を吸い込んだ時に、嗅覚細胞という細胞を刺激して、脳に電気信号を送るのですが、その時点で上述した条件などから、脳がその吸い込んだニオイを快か不快か判断します。

 

言えば、良い匂いか、不快な臭いというのは自分の脳が勝手に判断していることなんですね。
それで、この脳と嗅覚のメカニズムは、順応性があるということがポイントなんです。

 

このメカニズムが要因で、自分自身は慣れてしまい、ワキガや体臭・口臭を臭いを感じることができないという現象が起こることがあります。
逆に、思い込みというのがあって、ワキガや体臭・口臭の臭いがしないのに、自分勝手に「自分はクサイと思い込み、他人に迷惑をかけていると悩みこむ症状に陥る場合もあります(自己臭恐怖症)。

 

このことから、つくづくニオイというのは個人の主観(正確には脳)が入り込んでいるということが言えますね。